yahyel(ヤイエル)はなぜ低評価なのか?ライブは良かったよ!




yahyel(ヤイエル)

2015年に結成したばかりの日本のバンドですが、すでに音楽好きの間では一定の知名度を得ているすごいバンドです。

しかし、音楽メディアが絶賛する中、実はYoutubeのコメント欄が荒れ気味だったり、Amazonの評価がやたら低かったりと、一部の音楽ファンの間で異様に評価が低いバンドだったりもします。

はじめに言ってしまうと、僕もyahyelの音楽はそこまで好きではないのですが、彼らのライブを見て以降、なぜかyahyelのことが気になって仕方がないので、彼らの紹介も兼ねて、yahyelについて思うことを書いていこうと思います。

「大絶賛」という内容の記事ではないので、大ファンの方は注意してください。

色々と書きますが、彼らの姿勢を尊敬し、今後に注目しているからこそだと理解いただければ幸いです。




yahyel(ヤイエル)ってどんなバンド?

知らない人のために、簡単に書きます。

yahyel(ヤイエル)は2015年に結成したばかりの日本バンドです。

とりあえず曲を聞いてみないと始まらないので、知らない方はまず聞いてみてください。

(once)

はじめて聞いた方は、「えっ、これ日本人なの!?」と思ったのではないでしょうか。

最近は洋楽寄りの若手バンドがたくさん出てきていますが、これ程までに「日本」を感じないバンドはなかなかいないですよね。

低俗な表現をするなら、「Suchmosの洋楽度合いを3とすると、Nulbarichが7でyahyelが10」ってくらい洋楽サウンドだと思います。

メンバーはふつうの日本人

「匿名性」をコンセプトに掲げているバンドなので、メンバーはMVに出てきませんが、ふつうの日本人です。

「覆面バンド」ではないので、メディアやライブでは顔を出しています。

メンバーのほとんどが海外在住経験があるので、「洋楽サウンド」になったのはある意味自然なのかもしれません。

一応メンバー構成と名前を書いていくと、ボーカル池貝、サンプリング篠田、シンセ杉本、ドラム大井、VJ(※)山田の5人編成のバンドになります。

※VJ→ビデオジョッキー。ライブ中に音楽に合わせて映像を流す人。DJの映像版だと思っていただければ。

メンバーの中で注目すべきは、やはりVJの山田でしょう。

VJの山田健人(dutch_tokyo)は凄腕映像作家

少し脱線しますが、VJの山田健人は彼1人で1記事書けるくらい凄い人なので、簡単に紹介します。

この記事を見ているような人はSuchmosの「STAY TUNE」のMVを見たことがあると思いますが、このMVを作成しているのが山田健人です。

もちろん、yahyelのMVもすべて彼が手がけています。

もともと彼はSuchmosやYogee New Wavesなど、東京インディーシーンのバンドのMVを手がけていたのですが、その手腕が認められ、宇多田ヒカルに指名され「忘却 featuring KOHH」のMVを作成したようです。

今は、米津弦師、水曜日のカンパネラ、GLAY、嵐などのMVを手掛ける若手映像作家として注目されています。

yahyelが低評価な理由~オリジナルティのなさ~

では、急激に注目され、山田健人なんてすごいメンバーがいるyahyelが音楽ファンから絶賛されているのかというと、そんなことはありません。

むしろ、最近出てきたバンドの中ではかなり叩かれている印象です。

(Amazonのレビューを見れば分かると思います)

もちろん、AmazonのレビューやYoutubeのコメント欄で音楽を評価し、「こんなに評価が低いなら聞くのをやめよう」なんて思うことほど愚かなことはないのですが、しかし、低評価している人たちの意見に一理あることも確かです。

低評価の理由は、

「オリジナルティがない。洋楽の猿真似」

ということに尽きると思います。

そして、それは間違いありません。否定できない。

「yahyelみたいな洋楽の例を挙げて」って言われたら、たくさんありすぎて挙げるのが面倒なくらいです。

これは完全に偏見ですが、おそらくyahyelのことを低評価している人たちは、色々な音楽を聴いている音楽オタクの人たちが多いと思います。

そういう人たちにとっては、ここ2~3年の世界の音楽を模倣し、それを日本で「ドヤ顔」で披露している感じが癇に障るのだと思います。
(※本当にドヤ顔をしているということではなく、彼らにはそう映ってしまうということ)

その一方で、アイドル売りしているロックバンドを聞いて「尊い」とか「推し」とか言っている人たちには「理解不能」な音楽で、興味すら持たれない。

音楽に詳しい人たちには「猿真似」と評価され、詳しくない人には「理解不能」と評価される、ということですね。

ちょうどその真ん中の層の人たちがyahyelの音楽に衝撃を受けるのだと思いますが、その層の人たちに曲が届いていないのかもしれません。

おそらく、yahyelが低評価されている理由はこんなとこでしょう。

yahyelの意味。今のままだと本当に「宇宙人」

そして、本人たちはそのことを自覚しているんだと思います。

yahyalというバンド名には「宇宙人」という意味合いがあるらしいのですが、これは、

「海外ではオリエンタルの要素がなさすぎて「猿真似」と評価され、日本では「日本離れ」と評価される」

ことを皮肉った名前らしいです。

現状だと、まさにそういう状況に陥ってしまっているんじゃないかな。

なかなか人から好かれない「宇宙人」になってしまっている。

yahyelの姿勢を尊敬するからこそ評価できない

ここまで否定的な話を書いてきましたが、僕はyahyelのことを決して嫌いじゃないんですよ。

「猿真似」と言うと聞こえが悪いですが、ここまで洋楽サウンドを模倣できるバンドなんて一握りしかいないんですから。まず、普通はやろうとしないですからね。

だから、そこは賞賛すべきだし、評価されていいと思います。

なんというか、今yahyelがやけに嫌われている状況って、「バナナ」と発音していた日本人のところに「ヴァナァナ」って発音する日本人が急に現れて、みんな反発しちゃっている。みたいな状況だと思うんですよ。

「あいつ日本人なのにめっちゃネイティブな発音してるぞ!ウケる!!」、みたいな。

例えが微妙でしたが、とにかく、不当に低評価されすぎているところもあると思うんです。

「若い日本人の中からyahyelみたいなバンドが出てきた」ってことは、もっと素直に誇っていいんじゃないか。って思うんですよ。

でも、そう思う一方で、そういう評価の仕方ってyahyelに失礼だとも思うんです。

インタビューなどを読んでいると分かりますが、彼らは「容姿や国籍など関係なく、音楽で評価されたい」という姿勢を持っています。

だから、「日本人なのに凄い」とか「若いのに凄い」なんて評価されたって、彼らにとっては不本意だと思うんです。

「匿名性」を重視し、自分たちを「宇宙人」と自称している彼らの姿勢を尊敬しているからこそ、その流儀に乗っかって評価するなら、

「オリジナルティがなくてつまらない。代わりになる音楽が世界に五万とある」

と言わざるを得ないんです。

事実、1stアルバムは5週聞いて飽きましたもん。だって、他の音楽聞けばいいし。

なんというか、「日本人というファクターを通して音楽を聴いてほしくない」というコンセプトだけが先行して、中身がない気がするんですよね。

そういう部分にこだわりすぎて、逆に日本のことを意識してるんじゃないの?というか。

インタビューなどを見ていると、コンセプトを練って全て計算した上でやっているバンドというイメージなんですが、コンセプトどうこうの前にまず、「yahyel独自の音楽性」を追求すべきなんじゃないかな、と。

ほんと、僕なんて絶対にyahyelのメンバーより音楽詳しくないし、バンドでドラムやっていた程度で曲も作れないし、こんな上から目線で評価するのは気がひけるんですが、彼らの姿勢を尊敬しているし、今後に注目しているからこそ、はっきりと書きました。

yahyelのライブの感想

そんなyahyelのライブに行ったことがあるので、簡単に感想を書かせていただきます。

まずメンバーですが、本当に若いです。ボーカルの池貝なんて、そこら辺にいそうなふつうのカッコイイ好青年な大学生という感じで、良い意味で拍子抜けでした。

ライブはやはりVJの存在が目立ちます。

僕はライブ中、耳に全神経を集中するために目を閉じることがけっこう多いのですが、yahyelのライブは映像から目が離せません。

「100の音楽が映像によって120になる」ことってあるんだなぁー。という感じです。

また、僕はyahyelのエレクトロニカな音と妙にソウルフルな歌声のアンバランスさが苦手だったのですが、ライブだと歌に存在感あるなぁと思いました。

音源は無機的ですが、ライブでは人が音を鳴らすことでタイミングなどに肉体性が宿り、かなり有機的で踊れる曲に変貌を遂げていました。だから、音源よりボーカルの声が上手く曲に乗っていたと思います。

ドラムは、シンバルやバスドラムは生の楽器なのに、その他の楽器は電子パーカッションを使っていて、かなり仕事量が多かったと思います。自分もドラムを叩けますが、あんなドラムは大変そうなので叩きたくありません。

まとめると、「ライブはかなり良かった」です。

今後のyahyelに注目です!

何度も言いますが、僕は決してyahyelのことが嫌いじゃありません。

彼らの姿勢を尊敬しているし、今後に注目しているからこそ、辛口の記事を書かせていただきました。

今後、「オリジナリティがない」なんて二度と言わせないような、yahyelにしか作れない素晴らしいアルバムを作ってほしいと思います。

期待しています!

おわり。

☆邦ロック好きはこちらもどうぞ~!

【2017年版】おすすめの邦楽ロックバンドなどベスト100を紹介します!

【スポンサーリンク】