『透明人間の骨』1巻の感想!面白いけど賛否両論あると思う!




無料漫画アプリ「少年ジャンプ+」で連載中の『透明人間の骨』。

1巻を読んだので感想を書きます。

(☝タイトル通り、Amazonのレビューも賛否両論ですね)

はじめに端的な感想を書いてしまうと、

「雰囲気ゲーが好きな人や暗い性格の人にとっては面白い漫画だと思うけど、”漫画として”面白いかどうかと言われると、非常に退屈でつまらない漫画」

です。

要は、万人受けはしない、賛否両論ある漫画ということです。

しかし、その分、好きな人は大好きな漫画だと思います。

簡単なあらすじや、もう少し詳しい感想を書いていきます。




『透明の骨』ってこんな漫画!

1話のあらすじを簡単に書きます。

主人公の来宮 花(きのみや あや)はいわゆる「クズ親父」がいる家庭で育ちます。

父は感情がコントールできない人で、いつも母さんを怒鳴りつけるような人でした。

でも、花にとってはそれが普通でした。

しかし、

友達の家に遊びにいくと「ふつう」のお父さんがいて、仲が良い家族が「ふつうである」ことを認識します。

花は、自分の父さんが「異常」であることを認識し、苦悩します。

子供にとって、大人が大声上げて言い争っている場面って本当に怖いですからね。しかも、それが自分の両親で、ほぼ毎日。

そんな花が「別の家に生まれたかった」と思うのは当然のことです。

そう願ったとき、花に異変が!

なんと、花は透明になっていたのです。

花は「透明になる能力」を得ました。

能力の説明場面がやけに細かくて、面白い。どこかでこの説明が活かされる場面が出てくるのでしょうか。

透明能力を使った過激な展開も期待しましたが、小学生の花はせいぜい悪戯をしたり開放感を味わうだけです。

透明能力で気を紛らわし、家庭のことを忘れようとしていた花ですが・・・・。

はじめて父さんが手を挙げている決定的瞬間を見てしまいます。これは花にとって大きなショックでしょう。

花は母さんのことを心配しますが、父さんは花にも怒鳴りつけます。

父さんの「自分の子供に向けるものではない目」を見て、花は家庭のことを理解します。

父さんには何を言っても無駄だ。

こうして花は心を閉ざすようになりました。

こんな家庭に育って透明能力なんて持ってしまったら、色々と悪事を働きそうなものですが、花は特に何もしません。

基本的に「何も起こらない」。

そこがこの漫画の特殊性というか、面白さでもあり、人によってはつまらないと思うところでもあると思います。

花は心を閉ざしたまま、大きな事件もなく中学生3年生になります。

そんなある日。

ついに母さんが限界を超えてしまいました。

この姿を見て父さんは「俺が悪かった。な?」と慌てていますが、この姿がリアル。

この父さんのクズ具合、リアルなんですよ。たぶん、警察の厄介になったり薬やってるようなクズじゃないし、全うに仕事してお金もちゃんと家に入れているんだろうけど、とにかくストレスに弱くて、家では暴れまわっている感じ。

さすがにこの出来事は心を閉ざしていた花にとってもショックで、花は家族について考えます。

そして、ついに。

透明な姿で父さんを殺します。

こうして「ふつう」の日常を取り戻した花ですが・・・

罪悪感から父さんの姿が脳裏から消えません。

布団に入ってから「笑顔の父さん」を思い出してしまうこの描写、切ないよなぁ。

透明能力を持ち、父さんを殺してしまった花がどんな生活を送るのか。

『透明人間の骨』はそういう物語の漫画です。

1話完結の読み切りで良かった?

はじめて第1話を読み終わったときの感想は、「めっちゃ面白いけど、これ続くの?」でした。

第1話目のクオリティは非常に高いのですが、それだけに1話で物語がしっかり完結しているし、これ以上の物語の進展は難しい設定だと感じたからです。

その感覚は当たりだったようで、2話以降ははっきり言って退屈な漫画といえるでしょう。

2話以降は罪の意識に苛まれる花が「日常」を過ごす姿を描写するだけで、物語に大きな起伏はありません。基本、ずっと「日常」です。

しかし、それでも僕はなんとなくこの漫画を読んでしまいます。つまらないのに。

タイトルで「賛否両論ある」と書いた理由はまさしくここにあるわけです。

雰囲気ゲーみたいな面白さの漫画

物語に起伏がなくて退屈な漫画なんだけど、毎週必ず読んでしまうこの感覚。

この面白さって何だろう。って考えたら、「雰囲気ゲーと同じタイプの面白さなんだな」って思ったんですよ。

「ico」とか「ワンダと巨象」とか、フリーゲームで言うと「ゆめにっき」とか(ゆめにっきは「ホラーゲーム」じゃないですよ)。

※ゆめにっきの記事も書いています→フリーゲーム「ゆめにっき」の魅力を元実況者が語ります

ああいうゲームって、ゲームとしてはつまらないと思うんですよね。はっきり言ってゲーム性くそだし。

でも、一部の人にとってはやっているだけで面白い。癒される。そういうゲーム。

『透明人間の骨』はそれの漫画版で、漫画としてはワクワクもドキドキもしない退屈でつまらない作品なんだけど、一部の人にとっては漫画の雰囲気を浴びるだけで感情が動かされて面白いと感じる作品なんだと思います。

あと、「何も起きない漫画」って珍しくて、それが好きだという人もいると思うんですよね。

「日常」が描かれるからこそ、「非日常」が活きるという。

こういう括りの仕方はダメなんだろうけど、あえて僕からこの漫画をおすすめする人を限定するなら

「雰囲気ゲーが好きな人や暗い性格の人」

かな。やっぱり。

つまらない人にとってはまじでつまらない~まずは1話を読もう~

好意的に感想を書きましたが、つまらない人にとっては本当につまらないです。

物語は単調で退屈だし、

キャラの描き分けが致命的に下手だからみんな同じに見えるし、

2話以降は背景真っ白だし。

何度も言うけど、基本はつまらない漫画だと思います。

一部の人にはすごく居心地が良い漫画っていうだけ。

その分、その「一部の人」にとっては最高の漫画になり得る。

だから、気になった人はまず第1話を読んでみて、「雰囲気が合うかどうか」確かめるといいと思います。

『透明人間の骨』を無料で読む方法!

ということで、『透明人間の骨』を読んでみたいと思ったあなたへ。

『透明人間の骨』の第1話は「少年ジャンプ+」という漫画アプリで完全無料で読めます。

「少年ジャンプ+」は週刊少年ジャンプで有名な集英社の無料漫画アプリです。

少年ジャンプ+ 話題の漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
少年ジャンプ+ 話題の漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

このアプリでは、主に以下の3種類の漫画を無料で読めます。

①「少年ジャンプ+」のオリジナル連載作品(←『透明人間の骨』はここ!)

「ワンピース」「ドラゴンボール」などの再連載作品

③『週刊少年ジャンプ』などで連載されていた人気作品の一気読み(期間限定)

漫画は基本的に冒頭の3話と最新の3話まで無料で読めるので、定期的に読めば全話無料で読むことができますよ!

『透明人間の骨』が気になっているけどまだアプリをインストールしていない人は、まずはアプリで第1話を無料で読んでみましょう!

<インストールはこちらから!>

少年ジャンプ+ 話題の漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
少年ジャンプ+ 話題の漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

※アプリは課金しない限り完全無料です。

賛否両論ある漫画だと思いますが、好きな人は本当に大好きになる漫画だと思うので、まずは試しに読んでみてください!

〇他にも無料で読めるおすすめ漫画をたくさん紹介しています!!

・記事の中に「ゆめにっき」が出てきたので、下の記事も紹介しておきます!

フリーゲーム「ゆめにっき」の魅力を元実況者が語ります

【スポンサーリンク】