お役立ち情報

退職と同時に引っ越し!やること、必要な手続きなど一覧!

こんにちは。やすぴろです。

2019年3月31日に退職し、4月1日からフリーランスになりました!

さらに、4月上旬に引っ越しをしたため、

「退職&引っ越し」でめっちゃ大変でした!

ホント、泣きそうなくらいやることが多い・・・。

同じような境遇の方のために、「退職&引っ越しでやること、必要な手続き」を一覧にして紹介します!

ただし、実際にぼくがやったことだけ書いてあるため、人によっては、他にやるべきことがあるかもしれません。その点、ご了承ください。

引っ越しの2か月~1か月前にすること

・新居を決める

・現在の住宅の解約手続き

・引っ越しの見積もり→契約

・不用品の処分を徐々に進める

・箱詰めを徐々に進める

新居を決める

不動産会社に行く前に、「SUUMO」などで見学したい家を決めておきましょう。

現在の住宅の解約手続きをする

新居の入居日が決まったら、今住んでいる住宅の解約手続きをしましょう。

引っ越しの見積もりを取る→契約する

引っ越しの見積もりを取りましょう。

「引っ越し侍」などの「一括見積もりサービス」をおすすめしているサイトが多いですが、使わない方がいいです。

色々な引っ越し業者から毎日のように電話がかかってきて、大変なことになります。

変なサービスを使うより、自分からタウンページなどに掲載されている引っ越し業者に電話をして、「訪問見積もり」してもらった方がいいです。

業者によって料金が大きく違うので、必ず複数社から見積もりを取ってください。

ぼくの場合、最高額と最低額で約10万円の差がありました。

不用品の処分を徐々に進める

自治体などの有料サービスもありますが、リサイクルショップなどを利用し、なるべくお金をかけないようにしましょう。

リサイクルショップの出張買取はとても混むので、早めに動き出しましょう。

時間があれば、「メルカリ」などのフリマアプリを使えば、不用品をお金にかえることが可能です。

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ
メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

CDや本は、「ブックステーション」でほとんど売りました。

宅配で買い取りを行い、送料もかからないので、とても便利です。

ブックステーションはこちら!

ちなみに、引っ越しを機に、CDは音楽聞き放題サービスに、本は電子書籍に切り替えました!

引っ越しの度に「場所取るな~」と思っていたので、スッキリして良かったです!

【比較】Amazon Music Unlimitedはおすすめ?料金など解説!※2019/3/10:内容更新! 最近、Amazonが「音楽聞き放題サービス」(ストリーミングサービス)に力を入れています! 「...
【最新】Kindle端末はどれがおすすめ?分かりやすく比較!2019/4/9:内容更新! ①Kindle ②Kindle Paperwhite ③Kindle O...

箱詰めを徐々に開始する

使わないものから、徐々に箱詰めを開始しましょう。

<スポンサーリンク>

引っ越しの1か月~1週間前にすること

・電気、ガス、水道、インターネット、電話などの移転手続き

・金融機関などの住所変更

・郵便物の転送手続き

・「転出届」を提出する

電気、ガス、水道、インターネット、電話などの移転手続き

電話やインターネットで行います。

金融機関などの住所変更

銀行、クレジットカード会社などに登録した住所を変更しましょう。

その他、NHK、新聞、Amazon、楽天など、必要に応じて住所を変更してください。

郵便物の転送手続き

インターネットで簡単に手続きできます。

「転出届」を提出する(原則、引っ越し日の14日前から受付可)

役所に転出届を提出し、「転出証明書」を貰いましょう。

引っ越し先に本籍を移す予定なら、のちに必要になるので、このタイミングで戸籍謄本も取っておきましょう。

また、国民年金保険の資格喪失手続き(※)、印鑑登録廃止の手続きなどがある方も、このタイミングで行いましょう。

※これから退職する方には関係ありません。

引っ越し1週間前~当日までにすること

遅くとも、引っ越し1週間前までには全ての手続きを終わらせましょう。

あとは、荷造りを終え、引っ越し当日を迎えるだけです。

<スポンサーリンク>

引っ越し(退職)から2週間後までにすること

・転入届の提出

・国民健康保険の加入

・国民年金の加入

・失業保険の手続き

・運転免許所などの住所変更

転入届を提出する(引っ越ししてから原則14日以内)

引っ越し先の役所に転入届を提出します。「転出証明書」の持参を忘れずに。

本籍を変更する場合は、事前に取っておいた戸籍謄本を持参し、本籍の変更手続きを行いましょう(「転籍届」の提出)。

また、必要であれば、印鑑登録の手続き、マイナンバーの住所変更などを行いましょう。

国民健康保険に加入する(退職してから原則14日以内)

無職になる方、フリーランスになる方は、退職してから14日以内に引っ越し先の役所に行き、国民健康保険に加入しましょう。

退職した会社の保険を任意継続する場合は、不要です(任意継続するかどうか、退職前に話があるはずです)。

退職と同時に違う会社に入社する方も、転職先の保険に加入するので不要です。

ただし、退職から転職まで時間が空き、無職の期間が少しでもあれば、その間は国民健康保険に加入しなければなりません。

国民年金に加入する(退職してから原則14日以内)

年金手帳、離職票(※)などを持って、国民年金の手続きをしましょう(引っ越し先の役所or年金事務所)。

※離職票は、退職日あるいは退職してから数日後に、会社から提出があるはずです。不安であれば、お勤めの会社に聞きましょう。

場合によっては「免除申請」をできるので、役所に相談しましょう。

失業保険の手続き

受給資格がある方は、失業保険の手続きをしましょう(ハローワーク)。

運転免許証などの住所変更手続き

運転免許証など、引っ越し前に住所変更できないものについては、引っ越し後に変更しましょう。

退職したあとの生活について(お金の話)

やるべきこと、必要な手続きは以上です!

さて、最後に、お節介かもしれませんが、退職したあとの生活について簡単にお話します。

退職後すぐに転職が決まっている人はいいですが、そうでなければ、お金がすごい勢いでなくなることを覚悟してください!

引っ越し代、前年度の住民税、退職前より高い保険や年金・・・。

とりあえず、失業保険を貰える人は、必ず手続きしましょう(ぼくは貰っていないので、詳しく書けませんが)。

関連:雇用保険手続きのご案内(ハローワーク)

ちなみに、ぼくの場合、仕事をやめる前から副業していて、副収入があったので、退職してからも金銭的に余裕がある生活を送っています。

退職するまで時間がある人は、今のうちに副業を始めることをおすすめします!

副業ブログで月10万稼ぐサラリーマンが、その方法を教えます!※2019/3/27:内容更新 こんにちは。サラリーマンブロガーのやすぴろです。 副業でブログを始め、今は月に10万円ほど稼いで...

また、転職する予定の人は、退職してから転職活動するようでは遅いので、「リクナビNEXT」などの転職サイトに登録し、早めに動き出しましょう!

「自分が何をしたいか分からない」

という方は、「リクナビNEXT」で「グッドポイント診断」という超レベルの高い適正診断を無料で受けられるので、気分転換に受けてみましょう。

「グッドポイント診断」を無料で受ける!

「退職&引っ越し」をするということは、何かを決意し、次の人生を歩もうとしているところだと思います。

大変な時期だと思いますが、頑張りましょう!

あと、もう少しです!

ファイト!!

以上、「退職と同時に引っ越し!やること、必要な手続きなど一覧!」でした。

副業ブログで月10万稼ぐサラリーマンが、その方法を教えます!※2019/3/27:内容更新 こんにちは。サラリーマンブロガーのやすぴろです。 副業でブログを始め、今は月に10万円ほど稼いで...