ちょいエロ

オナホールで遅漏を治す方法【遅漏向けのオナホールはコレだ】

※2020/7/14:内容更新

遅漏で困っているから、遅漏の原因や治し方を教えてほしい。オナホールで遅漏が治るってホントかな?

こういった疑問について、分かりやすくお答えします。

この記事を読めば、以下のことが分かります。

①遅漏や膣内射精障害の原因

②絶対にやめた方がいい不適切なオナニー方法

③適切なオナニーの頻度

④オナホールで遅漏を治す方法

⑤遅漏改善におすすめのオナホールとオナニー方法

遅漏を改善し、楽しい性生活を送りましょう。

それでは、分かりやすく説明します。

①遅漏、膣内射精障害の原因

遅漏は、「自分の意志に反して、射精までに時間がかかりすぎる」ことをいいます。

特に、「オナニーだと射精できるのに、セックスだと射精まで時間がかかりすぎる(または射精できない)」ことを膣内射精障害といいます。

膣内射精障害の患者数は増加傾向で、成人男性の約20人に1人が膣内射精障害の潜在患者だとされています。

https://tengahealthcare.com/campaign/chirou-a/

「患者」「障害」という言葉が使われていることから分かるように、遅漏や膣内射精障害は立派な病気で、治す必要があります。

https://www.youtube.com/watch?v=_Nn84Edtyfw&t=4s

では、なぜ遅漏や膣内射精障害になるのでしょうか?

不適切なオナニーで、ペニスが強い刺激に慣れすぎてしまったからです。

「TENGAヘルスケア」によると、膣内射精障害の原因の約70%は不適切なオナニーで、約30%は心理的な問題とされています。

https://tengahealthcare.com/campaign/chirou-a/

ペニスには、「マイスナー小体」と「パチニ小体」という受容体(刺激を受け取る物質)が多く存在することが分かっています。

これらの受容体は、「圧力を加えると敏感に反応するが、そのあとに機能が低下する」という特性があります。

つまり、強い圧力(刺激)でオナニーを続けると、最初のうちは高い快感を得られるが、次第に快感を感じにくくなり、遅漏になるということです。

今は、スマホ1つで手軽に過激な動画を見ることが可能です。

なので、昔に比べ、男性のオナニーの頻度や、過激さは増しています。

だから、遅漏や膣内射精障害の患者が増えるのは、当然の話です。

心当たりがある方は、「絶対にやめた方がいい不適切なオナニー方法」を解説するので、不適切なオナニーをしていないかチェックしてみてください。

膣内射精障害を放置すると、最悪「不妊」などの原因になりかねないので、必ず改善しましょう。

https://sugucare.jp/ninkatsu/topics/ied/

②絶対にやめた方がいい不適切なオナニー方法

遅漏や膣内射精障害の原因になりうる危険なオナニー方法を4つ紹介します。

(1)床オナ(ブレス法)

(2)脚ピン

(3)5本の指でペニスを強く握る

(4)過激なAVや、特殊なおかずでオナニーをし続ける

(1)床オナ(ブレス法)

床や壁にペニスを押し付けるオナニー方法です。

1番危険なオナニーなので、絶対に卒業してください。

床オナはペニスにかかる圧力がとても強いので、女性の膣内でイケなくなる可能性が非常に高いです。

また、床にペニスを押し付けるため、ペニスを傷つける恐れがあります。

繰り返しますが、床オナは1番危険なオナニー方法なので、絶対にやめましょう。

(2)脚ピン

脚ピンとは、①仰向けで寝ながら、②椅子に座って脚を伸ばしながら、③立ったままなど、脚を伸ばしながらオナニーをする方法です。

脚を真っすぐ伸ばすと下半身に力が入るので、一般的に、射精しやすくなるといわれています。

しかし、実際にセックスするときを想像してみてください。

脚を真っすぐ伸ばす体位は少ないですよね(騎乗位くらいです)。

なので、脚ピンを続けると、実際のセックスの体位とオナニーの体勢が大きく異なるので、膣内射精障害になりやすいとされています。

脚ピンに限らず、特殊な体勢でオナニーを続けている人は、オナニーの体勢をセックスの体位に近づける努力をしましょう。

具体的にいうと、オナニーの体勢は「あぐら」がおすすめです。

脚に力が入ることを防げるので、強制的に脚ピンを解消することができるからです。

脚ピンオナニーをしている人は、今後はあぐらでオナニーをしましょう。

(3)5本の指でペニスを強く握る

一般的に、女性の膣内でかかる圧力は1キロ程度しかありませんが、男性の握力は30キロ程度あります。

なので、オナニーのときにペニスを強く握りすぎている人は、女性の膣の刺激では射精できなくなってしまう恐れがあります。

実際、ウィキペディアによると、射精障害がない人はオナニーするときの握力平均値が4.25キロであったのに対し、性障害がある方は平均10キロを超えていたようです。

本来、ペニスは5本の指で強く握る必要はなく、2本の指で優しく擦るだけで射精できます。

いきなり2本は難しいかもしれませんが、徐々にオナニーのときに使う指の本数を減らし、弱い刺激でイケるように訓練しましょう。

参考までに、AV男優の「しみけん」さんは、「オナニーの時のペニスをしごく握力は、ゆで卵が潰れないくらいの強さが推奨」と警鐘を鳴らしています。

(4)過激なAVや、特殊なおかずでオナニーをし続ける

セックスの最中、AVの内容が頭によぎることがありませんか?

精神論に聞こえるかもしれませんが、例えば、ふだん中出しもののAVばかり見ている人は、コンドームセックスでは物足りなくなるかもしれません。

実体験をお話します。

ぼくは、一時期、「オナサポオナニー」にハマっていました。

いわゆる「音声エロ」の一種で、声優が淫語でオナニーを導き、最後は、カウントダウンとともに射精するオナニーです。

しかし、実際のセックスのときに、カウントダウンはありません。

なので、オナニーの内容と実際のセックスの間に大きなギャップが生じ、セックスであまり興奮しなくなってしまいました。

このように、過激なAVや、特殊なおかずでオナニーを続けていると、精神的な理由で、膣内射精障害になる恐れがあります。

性癖は人それぞれなので、いきなりおかずを変えるのは難しいと思いますが、遅漏を治すために、少しずつソフトなおかずに切り替えましょう。

③適切なオナニーの頻度

遅漏を改善するためには、オナニーのやり方だけでなく、頻度も見直さなければなりません。

もちろん、オナニーのやりすぎは遅漏の原因になります。

ただ、一方で、過度なオナ禁は体に悪影響を与えるとされています。

「Voicy」という音声メディアで、泌尿器科の医者が、「オナ禁はやめた方がいい」と解説しています(※音声はこちら)。

理由を要約します。

・精巣は約1週間で満杯になる
・ずっと射精せず、精巣が満杯だと、精子をつくる量が減る
・結果、精巣の機能が低下する
・精巣の機能が低下すると、男性ホルモンが低下する
・男性の更年期障害、筋力低下、イライラ、認知機能の低下、性機能低下、夜間頻尿などの原因になる
・だから、過度のオナ禁はやめた方がいい

また、とある不妊治療のサイトには、このような記載があります。

  実際に、4日間以上禁欲した精子のDNAの損傷率は高くなり、運動率も低下するという研究結果もあるようです。この考えに従うと、射精を頻繁にしたほうが、つねに精子がフレッシュな状態で質がよく、長期間の禁欲で、精子は古くなり質が劣化してしまうということになります。
総合的に判断すれば、2〜4日間程度の禁欲が精子の量、質に与える影響としてはいいのではないでしょうか。

以上の情報から、オナニーの頻度は週に1~3回がベストです。

結論として、正しいオナニーのやり方は以下になります!
正しいオナニーのやり方

〇体勢→床オナ、脚ピンは絶対NG

〇握力→ゆで卵が潰れない強さ

〇おかず→過激すぎ、特殊すぎなものはNG

〇頻度→週1~3回

④オナホールで遅漏を治す方法

ということは、オナニーを見直せば遅漏は治るのか!楽勝だな。

と思ったかもしれませんが、実際はそう簡単ではありません。

日本の遅漏研究のプロは、遅漏を「性」活習慣病と呼んでいます。

オナニーと生活は深く結びついているので、急にやり方を変え、継続するのは想像以上に大変です。

そこで、医療現場では、遅漏を改善するためにオナホールの「TENGA」が使用されています。

https://tengahealthcare.com/campaign/chirou-a/
え?テンガってあのテンガ?ウソでしょ?

と思ったかもしれませんが、大真面目な話です。

「泌尿器科マスターバイブル」に掲載されるなど、テンガは遅漏改善の有効な治療法として認知されつつあります。

では、数あるオナホールの中で、なぜテンガが医療現場で使われているのでしょうか?

テンガはケースに覆われた構造なので、ペニスを握りしめることができません。

つまり、何も考えなくても、圧力を排除したオナニー(本番に近いオナニー)ができるということです。

また、テンガは使い捨てなので、とても清潔です。

さらに、テンガは種類が豊富なので、遅漏の具合に応じて、段階的に刺激を調整することが可能です。

これらの理由により、医療現場でテンガが使用されています。

でも、病院には行きたくないな。自分でテンガを購入する場合は、どのテンガを買えばいいの?

という方のために、遅漏を改善したい方向けのテンガが開発されています。

こちらのテンガは、強い刺激から始まり、段階的に弱い刺激に慣らすことで、自然に遅漏を改善することができるテンガです。

実際に医療現場で使用されていて、現役の医者が使用を推奨しています。

https://tengahealthcare.com/campaign/chirou-a/

つまり、「オナホールで遅漏を治す方法」の答えは、「遅漏改善用のテンガを使用すれば、自然と治る」になります。

こちらのテンガは、「自分が遅漏かどうか知りたい方」にもおすすめです。

1番刺激が弱い「05番のカップ」で射精できない場合、遅漏の疑いが強いです。

遅漏を治したい方や、自分が遅漏かどうか知りたい方は、よければ試してみてください。

購入ページはこちら(TENGA公式)

公式サイトで購入すると、1番刺激が弱い「05番のカップ」が1つ追加で貰えるので、他のサイトで購入するよりお得です。

実際に使用した感想を知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

テンガで本当に遅漏は治る?トレーニングカップを使った感想※2020/7/15:内容更新 遅漏改善用のテンガを使用してみたので、使用した感想や効果、利用価値についてお話します。 ...

なお、早漏は「飲み薬」で改善することが可能ですが、遅漏は「飲み薬」では改善できません。

というより、薬が存在しません。

理由を簡単に説明します。

早漏は、「脳が興奮しすぎる」ことが原因なので、薬で脳の興奮を抑えることで、改善が期待できます。

一方、遅漏の原因は、これまで説明したように、オナニーのしすぎや不適切なオナニーによって、ペニスが快感に慣れ過ぎたことにあります。

つまり、早漏は「脳」が原因で、遅漏は「ペニス」が原因です。

だから、遅漏は、薬では改善できず、オナニーの習慣を見直し、ペニスを強い刺激から解放することでしか、改善できません。

その際、「握力に頼ったオナニー」を強制的にやめられるテンガはとても便利で、だからこそ、医療現場で使用されています。

本気で遅漏を改善したい人は、ぜひ試してみましょう。

購入ページはこちら(TENGA公式)

⑤遅漏改善におすすめのオナホールとオナニー方法

オナホールは遅漏改善用のテンガを使用すれば間違いありませんが、1つだけ問題があります。

テンガは使い捨てなので、非常にお金がかかることです。

少なくとも、最初の1回は、自分が遅漏かどうか確認するためにも、遅漏改善用のテンガを使用することをおすすめします。

ただ、そのあとは、財布と相談し、場合によっては別のオナホールを使うことを考えましょう。

テンガ以外のオナホールを使用するときは、本体が厚めで、低刺激なオナホールを選んでください。

本体が厚めのオナホールを選ぶことで、握力がペニスに伝わることを防げます。

また、高刺激なオナホールを使用すると、ペニスが強い刺激になれてしまい、むしろ遅漏を加速させる恐れがあるので、必ず低刺激なものを選んでください。

具体的には、「半熟サキュバスホワイト」というオナホールがおすすめです。

本体が厚めで、非常に低刺激なオナホールなので、手でオナニーするより、女性の膣に近い感触でオナニーができます。

また、オナホールでオナニーをするときは、コンドームを着用することを強くおすすめします。

そうすることで、さらに刺激を弱めることができ、本番のセックスに近い感覚でオナニーをできます。

また、ペニスにばい菌が入ることを防げるし、オナホールの清掃が楽になります。

正直、コンドームをつけると、気持ち良さは大きく落ちます。

しかし、皆さんは、「気持ちいいオナニー」ではなく、「遅漏を改善できるオナニー」を知りたいはずです。

最初は辛いと思いますが、遅漏や膣内射精障害を改善し、生身の女性でイケるようになった方が、絶対に気持ちいいです。

将来のために、オナホールでオナニーをするときは、コンドームを着用しましょう。

使用するコンドームは、オナニー用なので、「めちゃうす」などの安い商品で十分です。

むしろ、安いコンドームの方がゴムが厚く、刺激が弱いので、遅漏改善に効果的です。

また、ローションは定番の「ペペローション」より、「おなつゆ」の方がベタつかず、洗いやすいので、おすすめです。

なお、テンガを使用する際は、あらかじめカップの中にローションが含まれているので、ローションは不要です。

最後に、少しハードルが高いですが、もし抵抗がなければ、オナホールを何かに固定し、腰を振りながらオナニーすることをおすすめします。

そうすることで、実際のセックスと同じ体勢でオナニーができます。

また、完全に「握力」を排除できるので、「オナホールの圧力」と腰を振ったときの摩擦だけでイク経験ができます。

つまり、女性器がオナホールに変わったこと以外は、完全に本番のセックスと同じです。

ただ、繰り返しますが、高刺激のオナホールを使うと逆効果なので、必ず低刺激なオナホールを使い、できればコンドームを着用してください。

そうすることで、ほぼ本番のセックスと同じ感触でオナニーができ、遅漏改善につながります。

オナホールを固定するときは、丸めた布団などにオナホールを挟め、ベルトで固定するか、「インサートピロー」などの専用の道具を使いましょう。

ただ、腰振りオナニーはハードルが高いので、「可能であれば」「抵抗がなければ」で十分です。

遅漏や膣内射精障害を改善し、楽しい性生活を送ろう

まとめです。

遅漏の原因の約70%は不適切なオナニーです。

特に、①床オナ、②脚ピン、③ペニスを強く握るオナニー、④過激なおかずを用いたオナニーは遅漏になる可能性が高いので、絶対にやめましょう。

また、オナニーの頻度は週1~3回がベストです。

しかし、長年染みついたオナニーのやり方を急に変えるのは、とても大変です。

なので、本気で遅漏を治したい方は、医者が推奨する遅漏改善用のテンガを使用し、強制的に不適切なオナニーを排除しましょう。

https://tengahealthcare.com/campaign/chirou-a/

購入ページはこちら(TENGA公式)

テンガは使い捨てなので、正直コスパは悪いです。

ただ、少なくとも最初の1回は、自分が遅漏であるかどうかチェックするためにも、遅漏改善用のテンガを使用することを強くおすすめします。

そのあとは、お金が厳しい人は「低刺激オナホール+コンドーム」で遅漏を改善しましょう。

もちろん、効果には個人差があるので、100%遅漏が改善するとはいいません。

しかし、現状、遅漏を治す薬は存在せず、医療現場においても、こちらのテンガが使用されている状況です。

ならば、本気で遅漏を治したなら、試す価値は絶対にあります。

というより、試さない理由がありません。

遅漏を改善できれば

「セックスが気持ちよくない」

「イケないせいで、彼女や妻との関係が悪くなった」

「遅漏のせいで女の子を誘えない」

「膣内射精障害のせいで子どもをつくれない」

などの悩みはすべて解決します。

ぜひ、本気で遅漏と向き合い、改善し、楽しい性生活を送りましょう。

購入ページはこちら(TENGA公式)

以上、「オナホールで遅漏を治す方法【遅漏向けのオナホールはコレだ】」でした。

遅漏改善用テンガを使用した感想を知りたい人は、以下の記事をご覧ください。
テンガで本当に遅漏は治る?トレーニングカップを使った感想※2020/7/15:内容更新 遅漏改善用のテンガを使用してみたので、使用した感想や効果、利用価値についてお話します。 ...
その他、以下の記事もおすすめです。
性欲が減退した30代男性へ【性欲を高める方法9選まとめ】※2020/3/25:内容更新 こういった疑問について、お答えします。 先に厳しいことを言うと、一般的に男性の性欲は10...
なぜコンドームをつけるといけない?萎える?改善方法まとめ※2020/3/23:内容更新 こういった疑問について、お答えします。 この記事を読めば、コンドームでちゃんとイケるよう...
コンドームの選び方・種類を解説【おすすめランキング有】「どうやってコンドームを選べばいいのだろう」 「どのコンドームがおすすめなのだろう」 とお困りですか? 30種類以上の...