漫画

「新テニスの王子様」の面白い・シュール・意味不明なシーンまとめ

「新テニスの王子様」の面白い・シュール・意味不明なシーンを集めてみました。

どうぞご覧ください!

※紹介する順番に意味はありません!

新テニスの王子様 RisingBeat
新テニスの王子様 RisingBeat
開発元:Akatsuki Inc.
無料
posted withアプリーチ

跡部王国(あとべキングダム)

新しい国が生まれた・・・!!

という煽りで有名な「跡部王国」

インサイトを極めたことによって、ついに相手の骨格まで見えるようになりました。

ちなみに、「跡部王国」に対抗するために骨を外して戦うやつまで登場します。まじバトル漫画。

たった2人で挑むとはええ度胸やで!!

上のコマのシュールさがやばい。

テニプリは「動きのなさ」で笑わせるのがずるい。

今のは結構利いたぜBABY!

絵ずらは地味ですが、ボールの威力に耐えた方がポイントをゲットしているところがやばい

やっぱり、彼らはテニスとは違う競技をやっているみたいです。

避けらんねぇ

彼らはやはり、「ボールの威力で相手を殺した方が勝ちな新スポーツ」をやっているようです。

避けられちまった・・・

いや、だから、そりゃ避けるでしょwwwwww

ドッジボールかな?

天使じゃねーか

シュールすぎるwww

新テニに入ってから、赤也のネタキャラ化が止まりません。

はじめはリョーマのライバル感あったのになぁ・・・。

ちなみに、べつの試合でまたすぐ悪魔化しました。柳と白石の努力は一体・・・。

テニスに逆転ホームランは無え!→デュークホームラン!!

テニプリには珍しい、最もすぎるセリフです。

そうですよ。テニスに「逆転ホームラン」なんてあるわけ・・・

あ り ま し た 。

デュークバント

何度見ても「優しすぎるぞーっ!!」で笑う。煽りも天才的。

デュークほんと好き。野球やったら4割80本くらい打ちそう。

あっち向いてホイ☆

試合中に「あっち向いてホイ☆」が始まりました。しかも、5ページくらいにわたって。

なぜかって?わかりません。

「あっち向いてホイ☆」のあとの、「ちゃーい」も大好き。

「いい加減テニスやろーや」

これほどまでに読者の気持ちを代弁したセリフがあったでしょうか。

<スポンサーリンク>
 

もう何が起こっているのか全然分からねぇぇーっ!!?

だから、それはこっちのセリフだwwwwwwwwww

まさかテニス漫画で「真竜の闘い」が見られるとは・・・。

※「真竜の闘い」→「ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-」参照!

サックスを吹く入江

な に こ れ ?

うん、なにこれ?

マトリョーシカ・オブ・ロシア

だから、なにこれ?

まじでなにこれ?

どうやら海外からも来ちまったじゃねーの

「新ナンパの王子様」編は、「マトリョーシカ」といいネタの宝庫です。

随分とスカスカしたラケットっすね?

序盤だったこともあって、「新テニスの王子様やべえええええええええ」と思ったシーンです。

しかも、後々このラケットが「光る球」の打ち方を習得するために必要なものだと判明するところがすごい。謎の伏線回収能力。

首ちょんぱ

ひぃ・・・・・!!!!

1コマの破壊力という意味では、このコマが最強かもしれません。

テニプリ知らない人に、「このコマなんの漫画の1コマだと思う?」って聞いてみたい。

「テニス漫画」と答えるやつはサイコパス。

ちょっと考え過ぎじゃねーか?

たまにこういう狙ったギャグシーン描くよね。

新テニは、スイス代表の監督が完全にハイジのおじいさんだったり、監督でかなり遊んでいます。

というか、テニプリの監督って全員いらねーよな。選手が大怪我してもノーリアクションだし。

ダブルスで仲間に裏切られ、後ろから狙撃される

なぜそんなことするのかって?

わ か り ま せ ん 。

なお、また裏切る模様。

ガラスが割れるサーブ

跡部のサーブで、会場のガラスが全て割れます。

理由はわかりません。

会場にある眼鏡がすべて割れたと考えると、かなりの数の人が失明したことでしょう。

というか、新テニに入ってから、乾ってこんなのばっかり。関東大会決勝の「乾VS柳」は名勝負だったのに。

仁王が跡部で跡部が仁王で

新テニの中でも、1番意味不明な展開です。

「試合している仁王が跡部で、観客にいる跡部が仁王だった」ということですが、まじで意味不明。

つまり、「おまんらには分からんぜよ!!」といっているコイツが、実は跡部だということです。

????????????

いや、どうやって変装したの?いつの間に跡部はイリュージョンを覚えたの??

しかも、電光掲示板は「跡部」になっているのに、誰も気づかないという謎。

間違いなくテニプリ史上1番意味不明な展開です。

試合中に国歌斉唱

このシーンのコラ画像っぷりは異様。

真田もネタキャラ化が止まりません。

「黒色のオーラ」より、「雷」の方がふつうに強そう。

ネット炎上

ボールの摩擦でネットが炎上します。

なにが面白いって、ネットが炎上している間、誰も動かないし喋りもしないところ。

ネットが燃え尽きるまでそれなりに時間かかると思いますが、みんなで無言で眺めていると思うとめっちゃ笑える。

<スポンサーリンク>
 

試合中に目をつぶりボールをぶつけられてぶっ飛び賞賛される大石

ダブルスの試合中、「高校生同士のラリーを見ると戦意喪失するから」的な理由で、試合中目をつぶる大石。

案の定ボールをぶつけられ、ぶっ飛んで大けがします。

で、心優しいギリシャ代表が大石にボールをぶつけるのを躊躇し、そのおかげで試合に勝利するというク〇展開。

試合中目をつぶっていただけなのに、「あいつ化けやがった・・・!」と賞賛されてて笑う。

金太郎の多重影分身

NARUTOかな?

双子シンクロによる空中浮遊

大石×仁王に負けてしまいましたが、この双子はやばい。だって、ナチュラルに空中浮遊しているから!

空中浮遊できるキャラっていそうでいなかったし、心臓マッサージが必要なほど相手を痛めつけてるし、実はこの双子めっちゃ強いと思います。

この双子に大石×仁王が勝った方法は、「仁王が双子にイリュージョンすることで双子とシンクロし、思考を読み取る」という方法。

下手なバトル漫画よりバトル漫画的な展開で笑える。

幻聴氷帝コール

「氷帝!」「氷帝!」「氷帝!」

とありますが、これ全部幻聴です。

アラメノマ・・・

宗教国家による精神攻撃を受ける桃城。

めっちゃやばいシーンにみえますが、冷静に考えると、五感を奪うやつに比べると全然マシ。

忍足の「心を閉ざす」スキルが活躍するシーン、ほんと好き。

テニプリは意味不明な漫画だけど、キャラを活躍させようとするファンサービスだけはまじで一流だと思います。

忘れたころにスポットライトを当ててくれる。

ラケドン

壁ドンならぬ「ラケドン」

意味不明。

海賊に刺される徳川

初見でこのコマを見て「テニス漫画」だと思う人はいないでしょう。

新テニに入ってから、頻繁にスタンド能力が発動するようになりました。

あらかじめネット際にブラックホールがっ!?

「あらかじめ」と「ネット際に」と「ブラックホール」の3つが同時に出てくるセリフは、これが史上初でしょう。

「ブラックホール」は、ラケットで空間を削り取り、ボールを止めるという技。テニプリ史上最も物理法則を無視した技です。

パアァァァァァアピプペポォ!!

新テニで1番笑ったかもしれない。めっちゃ好き。

カービィかな?

滅びよ・・・・

やっぱり新テニといえばこのシーン!!!!!

テニス漫画で「滅びよ」という言葉が出てくることを、誰が予想できたでしょうか!

直撃したら本当に滅びちゃう威力!!!!!

「滅びよ」以上にインパクトあるシーンはないと思います。

許斐剛先生、単独コンサート

最後は、許斐先生に敬意を表し、これで。

漫画家が歌の単独コンサートを開催するって、まじでやばい。

許斐先生は昔から、テニス、漫画、歌やミュージカル関係の仕事に就きたかったらしいのですが、テニプリですべて叶えているんですよね。

まじですごい。尊敬する。

「許斐先生の人生を歩めるとしたら、歩むか?」と聞かれてら、即「イエス」と答えるもん。

ありがとう、許斐先生!

てなところで、終わりにします。

やすぴろ
やすぴろ
「新テニスの王子様」が好きな人は、ぜひ新テニのゲームをプレイしよう!!!
新テニスの王子様 RisingBeat
新テニスの王子様 RisingBeat
開発元:Akatsuki Inc.
無料
posted withアプリーチ

以上、「「新テニスの王子様」の面白い・シュール・意味不明なシーンまとめ」でした。

それでは、また。