漫画

ラブデスター第95話の感想!クロオがミクニに執着する理由が明らかに!

「ファッションサイコパスと幕末志士がいよいよ雌雄する!」というところで終わった前回。

「クロオがジウに勝つ未来が見えないよ・・・」と思いながら読み始めた第95話ですが、一体どうなったのでしょうか。

感想に入ります。

第95話の感想

冒頭、いきなりクロオの悲惨な過去が描かれます。

要約すると「ママが新しいクズ男(パパ)を連れてきて、パパはクロオを虐待。耳をそぎ落とされそうになったクロオはパパとママを殺した」というもの。だから、クロオは耳に偏執するようになったんですね。

文字に起こすと簡単だし、漫画としてはありがちな設定なのかもしれないけど、現実に置き換えると相当やばい。

極めつけはこれ。

クロオがパパとママを殺した直後、パパの浮気相手から電話がかかってきます。

この前のページでやたらと「真実の愛」という単語が強調されていたのは、この1コマを活かすため。これによりクロオは「愛」を信じられなくなり、94話の「君が俺に抱いているような感情にはならかったよ」という発言に繋がるわけです。

それにしても、ようやくクロオがみむらのことを潜在意識レベルで気になっている理由が分かりました。

みむらの誰のことでも好きになる特性は、クズ男を好きになった母親と被るんです。「あの女と同じにおい」という台詞の意味もよく分かりました。

そして、みむらはクズである自分(クロオ)のことを好きになっている。だから、クロオにとってみむらは気になる存在である一方で、どうしてもイライラしてしまう存在なのです。

さらにクロオの過去が明らかになります。なんと、クロオとミクニは過去に出会っていました(ミクニは忘れているけど)。

ミクニの目に光がありません。

ミクニも家庭の問題で闇を抱えた時期なので、2人は息があったのでしょう。いっしょに絵を描きます。

こうして見ると、クロオとミクニはお互い近い過去を持った人間だったんですね。

さて、物語は現在に戻ります。

ミクニの首をクロオに投げるジウ。

前回の感想で「あれはミクニの首じゃないと思う。ミクニの首を持っていくメリットないから」と書きましたが、見事にはずれました!

と思わせておいて、やっぱり予想が当たったかもしれません。多分これはミクニの首じゃありません。理由は後で書きます。

クロオがいくつかジウに質問しますが、ジウは「何も知らずに死ね」と先制布告。手には”ドス”が。

クロオが受けて立ちます。

「最強の幕末志士になったジウにどうやって勝つつもりだ・・・!?」と疑問でしたが、クロオは先手を打ちます。

ジウを仮想空間に送ってしまいました。

「仮想空間で死ねば現実でも死ぬ」ことを知っていたクロオは、「ジウが死ぬ世界」を用意したようです。

なるほど!その手があったか!

と感心しますが、運営が「告白成功率を格段と上げるため」に用意した仮想空間システムが「ジウが幕末志士になるため」「相手を殺す空間をつくるため」に使われていることに笑う。

想定通りの使い方を全くされず、運営涙目。というか、無能フィオロはまじで死んだのか?

これまで「告白不成立」で死なせてきた女たちに追われるジウ。

クロオの仮想空間はホラー映画のようで、輪郭がおかしい。これがクロオから見える世界の在り方なのかもしれません。

それにしても、ここの「ドスが・・・」の一言が地味に面白すぎる。絶対笑わせにきてるでしょ。

ついにミクニやジウまで現れ、追い込まれるジウ。

ツイートにもある通り、ミクニやしのが「過去の闇を抱えたミクニ」と同じ目をしているのが熱い。

あと思ったのが、ジウはもう自暴自棄になっていて、今やしののことすらそこまで好きじゃない気がする。

今までのジウだったら、仮想空間とはいえ、しのに「死んでね」って言われたらもっと取り乱していたと思うんだよなぁ。

仮想空間の中で「仲間」に囲まれるクロオ。この構図はなんだか泣けてくる。

みむらがクロオの腕に手を預けているのが泣けます。ラブデスターってネタ漫画扱いされることが多いけど、ここら辺の描写は漫画として上手い!

あと、チェーンソーを持っている綾鷹さんが美しい。

それに対し、孤森が「ヒモ」しか持っていないのが笑える。

絶体絶命の中、クロオに「なぜそこまでミクニに執着するのか」と尋ねるジウ。

それに対するクロオの答えはこれ。

要するに、「自分と同じ闇を抱えたやつだと思っていたのに、つまらない奴になっていた」、と。

だから「”親友”として殺す」、と。

ファウストはクロオのことを「偏執狂」と評価していましたが、その歪んだ愛情はしのではなくミクニに向かっていたのですね。

ぶっちゃけただのこじらせ人間なんだけど、自分に置き換えてみるとけっこう辛い。

現実でありえる話に置き換えると、「高校生の時いじめられっ子同士で仲良かった友達が大学でイケイケになって取り残された」みたいな感じか。

クロオに対しジウが正論を説きます。

ジウにとってクロオは「勝手に僻んで絡んできたうざい奴」だし、闇落ちした最大の原因なので、恨みは相当強いでしょう。

これに対し「話すだけムダだったな」といかにもこれから逆転負けをくらう奴が言いそうなセリフを放つクロオ。

絶体絶命のはずなのに不敵に笑うジウ。

ジウはこの窮地からどう逆転するのか!?というところで95話は終わりです。

クロオやミクニの過去が明らかになるなど、かなり熱い1話だったと思います!

今後の予想!

「ジウVSクロオ」は99%ジウが勝つと思います。

物語における重要度から考えると、ジウはこんなところで死なないでしょう。

で、勝つ方法ですが、「ミクニが持っている”ドス”を奪って戦う展開か?それだとつまらないな」と思っていたところ、素晴らしい予想ツイートが。

下のツイートの「実は袋の中に入っているのは爆弾説」。僕はこれを強く押します。

あの聡明なジウがわざわざミクニの首を持ち歩くのは変だと思っていたんですよね。「僕が犯人だよ」と言っているようなものだから。

あと、ジウがクロオに「なぜミクニに執着するのか」を聞き出しているのも不自然だと思っていました。ジウにとってクロオは最悪な奴で、話も聞きたくない奴だと思うから。要は、時間稼ぎだったわけです。

さらにこの後の予想ですが、みむらが実はクロオの後を追っかけていて、爆発のシーンに立ち会うんじゃないかな。

その後、クロオを救うために告白するとか・・・?

クロオは死んで終わる方がカッコいいと思うので、告白で助かるなんてありがちな展開は嫌なんですが、ミクニの異母妹のみむらはこんなとこで死なない気もするし・・・。

とりあえず、第95話の感想はここまでとします!

おすすめ漫画アプリ一覧(すべて無料!)

①マンガPark

青年向けのエロ系漫画が豊富!グラビア動画もあるぞ!

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める
マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める
開発元:HAKUSENSHA.INC
無料
posted withアプリーチ

※今なら初回インストールで約30話分のコインが貰える!(突然終了する可能性あり)

②マンガワン

ハイレベルなオリジナル連載漫画を楽しめる!1000万DLのド定番アプリ!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信
マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ

※今なら初回インストールで50話分のチケットが貰える!(突然終了する可能性あり)

③サンデーうぇぶり

「名探偵コナン」「犬夜叉」など『週刊少年サンデー』の有名漫画が読める!

サンデーうぇぶり-小学館のマンガが毎日読める漫画アプリ
サンデーうぇぶり-小学館のマンガが毎日読める漫画アプリ
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ
...