音楽

超個人的King Gnu(キングヌー)全曲おすすめランキング!

タイトルのとおり

King Gnu(キングヌー)のすべての曲を好きな順で紹介

します!

それでは、どうぞ!

※個人的なランキングです。

※「白日」までの曲を対象としています。

※インタールード曲(SympaⅠ~Ⅳ)は対象外です。 

King Gnu(キングヌー)全曲おすすめランキング!

18.NIGHT POOL

17.破裂

16.Hitman

15.あなたは蜃気楼

14.サマーレインダイバー

13.ロウラブ

12.Bedtown

11.Don’t Stop the Clocks

10.McDonald Romance

9.Sorrows

8.The hole

7.It’s a small world

6.Flash!!!

5.Prayer X

4.Tokyo Rendes-Vous

3.Slumberland

2.白日

1.Vinyl

5位:Prayer X

アニメ「BANANA FISH」エンディング・テーマ。

PlayerではなくPrayer(祈り)です。

初タイアップ曲なのでメロディーはかなりポップで、いわゆるJ-POP路線です。

しかし、この曲はトラックがものすごくカッコイイ!

メロディーはJ-POPなのに、リズムはヒップホップ!

しかも、ストリングスの使い方が面白い。

「ストリングス=泣けるバラード」みたいなコテコテの解釈をするバンドが多い中、King Gnuはストリングスをもっとクラシカルに取り入れている。

常田がチェロを専攻していた賜物でしょう。

メロディーはポップ、リズムはヒップホップ、隠し味はクラシック。

King Gnuの真髄が詰まった曲です。

4位:Tokyo Rendes-Vous(ランデブー)

Rendes-Vous(ランデブー)は会合、待ち合わせ、人が多い場所、たまり場という意味です。

歌詞の内容から察するに、おそらく「人が多い場所」「たまり場」という意味で使用していると思われます。

ところで、最近は「ブラックミュージック=オシャレ」というイメージが定着しています。

ということで、「King Gnuオシャレ~」という声を聞くことがありますが…

King Gnuはリズムはブラックですが、メロと歌声はちゃんとロックバンドなので、ぼくはオシャレだと思いません。

むしろ、00年代にデビューしたバンド(THE BACK HORNなど)のように、とてもヒリヒリしています。

それはひとえに、常田の汚いダミ声(誉め言葉)が大きな要因でしょう。

例えば、6位の「Flash!!!」はパリピなイントロから始まりますが、常田が「全ては冗談だって」と汚い声で歌った途端、急にロック色が強くなる。

トラックはオシャレだけど、歌声はロック。

それがKing Gnuの魅力の1つだと思う。

3位:Slumberland(スランバーランド)

意味は「眠りの国」です。

イントロのリフはストリングス、リズムはヒップホップ、メロディーと歌声はヒリヒリとしたロック。

今まで語ってきたKing Gnuの武器がすべて発揮されています。

特に、この曲はイントロでギターリフのようにストリングスを使っているところが面白いです。

「とりあえずサビ裏で泣かせる感じのストリングス流せばいいでしょ?」というセオリー無視。

あと、この曲は歌詞の風刺感がかなり強いのに、サビで「ロックンローラーは愛と人生しか歌えない」と言ってるところがカッコイイですね。

2位:白日

出ました、「白日」!

※「白目」ではありません。

現在(2019年9月)、YouTubeの再生回数6千万回以上!

King Gnuのすごいところはタイアップを絶対に外さないところです。

しかも、「外さない=ポップで分かりやすい曲」というわけでもありません。

白日は確かにポップですが、単純に歌が超ムズかしい!

「売れる曲=カラオケで歌いやすい曲」というセオリーをぶち壊しました。

今まで色々なKing Gnuの武器を語ってきましたが、最後の大きな武器が常田と井口のコーラスワーク!

「白日」はそれが遺憾なく発揮された曲で、男1人でカラオケでこの曲に挑戦すると爆死する可能性大です。

男女のコーラスワークを売りにするバンドが増えてきましたが、King Gnuは男2人で「女性的/男性的」「キレイ/汚い」を表現しているところが大きな武器です。

1位:Vinyl(ビニール)

King Gnuと出会ったきっかけの曲です!

やはりこの曲も、リズムはヒップホップ、メロディーと歌詞はロックというKing Gnuの魅力を最大限生かした曲となっています。

また、King Gnuは歌詞の言葉選びが硬派なところが好きです。

「喧騒に上がる煙に薪をくべろ」

とか、日本語のチョイスが固いじゃないですか。

一般的に日本語はメロディーに乗せにくいとされていますが、ちゃんとヒップホップのリズムの上に固い日本語のメロディーが乗っています。

また、この曲は勢喜のドラムが素晴らしいですね。

休符の使い方がすごく上手で、叩きすぎないドラムが好きです。

イントロのドラム、最高…!

以上、「超個人的King Gnu(キングヌー)全曲おすすめランキング!」でした。

以下の記事もおすすめです!
なぜKing Gnu(キングヌー)は売れたのか!?魅力に迫る!タイトルのとおり King Gnu(キングヌー)が売れた理由 を説明します! それでは、どうぞ! ※あく...
【若手バンド】King Gnu(キングヌー)の「Vinyl」は完璧な曲だと思う※2019/9/17:内容追記 2017年に結成したばかりの若手バンド"King Gnu(キングヌー)"が熱い! ※正確には、2...
「King Gnu(キングヌー)」をライブで見た感想!まだ発展途上!?北海道のフェス、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018(ライジングサン)でKing Gnuのライブを見たときの感想ツ...
【2019】好きな邦ロックバンド 20!ポップからサブカルまで!※2019/6/5:内容更新 「おすすめの邦ロックバンド100!」 みたいな記事はたくさんありますが、「おすすめってなに...
お得情報!

Amazon Music Unlimited 学生プランが登場しました。

学生の方は2020年1月6日までに登録すると初回6か月無料になるので、ぜひこの機会にお試しください!

「学生プラン」を無料体験する!