お金

始めてでも分かる!副業ブロガーの確定申告のやり方!

どうも、副業ブロガーのやすぴろです。

初めての確定申告、不安ですよね。ぼくも、とっても不安でした。

なので、初めての方でもわかるように、「確定申告ってなに?」という基本の話から、「実際にどのように確定申告すればいいのか」まで、わかりやすく説明します!

それでは、どうぞ!

※やすぴろは、税理士等の資格を持っているわけではありません。あくまで、これまで独学で勉強した内容と、実際に確定申告した経験に基づき記事を書いています。その点、ご了承願います。

確定申告とは?いつからいつまで?

会社員の場合、税金は毎月の給料から天引きされますよね。

つまり、会社(総務担当など)が税金を計算し、会社が税金を納めてくれるわけです。

しかし、副業をしている方は、副業分については、自分で税金を計算し、自分で税金を納めなければいけません!

所得の計算 税金の計算 納税
会社の給与所得 会社が計算 会社が計算 会社が納付
副業分の事業所得
(または雑所得)
自分で計算 自分で計算 自分で納付

コレを、確定申告といいます!

具体的にいうと、

1年間(1月1日~12月31日)の所得を「確定」し、翌年の2月16日~3月15日までに国(税務署)に「申告」し、所得税を納付すること

を「確定申告」といいます。

確定申告を行えば、「住民税」も決定される!

皆さんの給料から天引きされている税金には、「所得税」のほかに「住民税」があります。

確定申告すると、税務署からお住いの市区町村にデータが送られ、それを元に「住民税」が決定されます。

つまり、確定申告を行えば「住民税」も決定されるので、別途手続きは不要ということです。

実は、この「住民税」が「副業バレ」の原因になるのですが、簡単に防ぐ方法があるので、後ほど紹介します。

副業ブロガーでも確定申告しないといけないの?

副業「所得」が20万円を超える場合、絶対に確定申告しないとダメです!やらないと、「脱税」です!!

ポイントは、「収入」ではなく「所得」ということです。

☆所得=収入(売上)ー必要経費

・収入30万円、必要経費15万円→確定申告の必要なし!

・収入30万円、必要経費5万円→確定申告の必要あり!

副業所得が20万円以上ある場合は、絶対に2月16日~3月15日の間に確定申告しましょう。遅れると、余分にお金を取られてしまいます。

所得が20万円未満の場合でも、「住民税」は納める必要あり!

コレ、注意です!

副業所得が20万円未満の場合、「所得税」は納める必要がありませんが、「住民税」は納める必要があります!

つまり、別途、市区町村に所得を申請する必要があるのです。

・20万円以上→確定申告する→住民税も決定(申請不要)!

・20万円未満→確定申告しない→別途、市区町村に所得を申請する必要あり!

申し訳ありませんが、この手続きはやったことがないので、ご自身でお住まいの市区町村の税務課に相談してみてください。

で、次が重要です!

「住民税」の納付方法は、絶対に「特別徴収」(給料からの天引き)ではなく、「普通徴収」(自分で納付)にしてください!

「特別徴収」にすると給料から天引きされる住民税が高くなるので、お勤めの会社に「コイツ、やけに住民税高いな。副業してるんじゃね?」と気づかれてしまいます。

副業バレを防ぐために、住民税は「自分で納付」(普通徴収)にすること!!

「副業分だけ、自分で納付したいのですが」と相談すれば、対応してくれるはずですよ。

~補足~

・本来、副業による「所得」が何円でも、市区町村に申請する必要があります。

・しかし、実際のところ、少額の場合(年間1万円など)、申請していない人が多いと思われます(必要性を把握していない等で)。

・その結果、「怒られた!」「罰せられた!」という話は、聞いたことがありません。

・なので、「少額だから申請しなくてもいいか」と思った場合は、自己責任でやってください。

・個人的には、少額の場合でも、まずは役所に相談してみた方がいいと思います。

収入(売上)の計算は現金主義ではなく発生主義で!

では、収入や経費はどのように計算すればいいのでしょうか。

重要なのは、「発生主義」で計算することです。

×現金主義→報酬の支払いがあった日を収入日とする

〇発生主義→報酬の支払いが確定した日を収入日とする

例えば、「A8.net」の3月分のアフィリエイト収入は、3月末に確定し、5月中旬に支払われます。

5月に振り込まれていますが、3月末に確定した報酬なので、3月分の収入として計上しないとダメということです。

各ASPの確定日と振込日は、ASPサイトで確認しましょう。

最低振込額に到達せず、繰り越した場合はどうするか?

例えば、以下のようなケースです。

〇最低振込額5,000円

・11月分売上→2,000円

・12月分売上→3,000円

→計5,000円が翌年2月に振り込まれた

発生主義で考えるので、翌年2月分ではなく、それぞれ今年度の収入として、11月に2,000円、12月に3,000円を計上します。

支払われたかどうかは関係なく、あくまで、支払いが確定したかどうかで判断します。

副業ブロガーは、なにを、どこまで経費にできるのか?

次は「経費」ですが、「なにを、どこまで経費にできるか」については、実は、明確な答えはありません。

「税務署に経費にした理由を問われても、ちゃんと説明できる!」と判断したものは、何でも経費になり得ます。

とはいえ、いくつか例示がないと不安ですよね。

ということで、まず、全額を経費にできる代表的なものは、以下になります。

~全額経費にできるもの(例)~

・サーバー代

・ドメイン代

・有料テーマ代

・ブログの勉強のために購入した書籍

・ASPの振込手数料など

これらはすべて、副業(ブログ)をしていなければ発生しない費用でしょうし、売上にも貢献しているはずなので、全額を経費にできます。

次は、一部を経費にできる(可能性がある)ものです。

~一部経費にできるもの(例)~

・インターネット代

・スマホ代

・電気代

・家賃

・ブログで紹介した商品代

・文房具、パソコン周辺機器など

上記のものは、プライベートでも使用しますよね。なので、全額ではなく、使用割合に応じた金額のみ経費として計算することができます(「家事按分」といいます)。

例えば、家賃の場合、「作業部屋が面積の20%を占めるから、20%を経費として計上する」といった具合です。

ただ、厳密な計算は難しいので、常識の範囲内で、万一税務署に問われたとき、相手を納得させられる割合であれば、大丈夫です。

「ブログで使う電気はパソコンと照明器具くらいだから、全体の割合で考えると、20%くらいかなー。」といった具合に決めましょう。

なお、経費として計上するためには、領収書などの証拠が必要なので、領収書は必ず保管しましょう!

確定申告の種類~事業所得(青色、白色)、雑所得の違い~

一口に確定申告といっても、いくつか種類があります。

(画像引用→アフィリエイトで得た所得の確定申告について(A8.net))

それぞれの違いを、簡単に表にします。

手続き 特典
事業所得(青色申告) ・難しい
・事前申請が必要
・難しい帳簿を作成する必要あり
青色申告特別控除
(10万円or65万円)など
事業所得(白色申告) ・普通
・事前申請は不要
・簡単な帳簿を作成する必要あり
あるが、
特筆すべき点はなし
雑所得 ・超簡単
・事前申請は不要
・帳簿を作成する必要なし
なし

考え方は色々ありますが、まず、副業所得が20万円~50万円くらいの人は、「雑所得」でいいでしょう。帳簿を作成する必要がないので、楽です。

そもそも、副業所得が少ないと、「事業所得」として認められない可能性もあります。

で、稼ぎが大きくなってきたら、「青色申告」にすることを考えましょう

青色申告特別控除によって、税金が大きく安くなります!

「開業freee」での計算による)

青色申告をするためには、事前に「開業届」と「青色申告承認申請書」を提出する必要があり、65万円の控除を受けるためには難しい帳簿を作成する必要がありますが、節税効果は抜群です!

※「開業届」や「青色申告承認申請書」の提出期限、提出方法などについては、下の記事をご覧ください(※申し訳ありません。現在、整理中です)。

なお、「白色申告」にはほとんどメリットがありません。

というのも、今は「Freee」などの会計ソフトがあるので、コレを使えば、難しい帳簿でも、簡単な帳簿でも、どちらでも作成の手間は大きく変わらないからです。

どうせなら、たくさん節税できる「青色申告」にしましょう!

・副業所得が少ない人→雑所得!

・副業所得が多い人→青色申告(※事前申請が必要)!

「Freee」などの会計ソフトを使えば、誰でも簡単に帳簿を作成できる!

確定申告のやり方(雑所得の場合)

さて、いよいよ実際の確定申告のやり方です。

下準備は、以下です。

・本業の源泉徴収票をゲット(通常、1月中に貰えるハズ)

・1年間の副業所得を確定

所得の計算は、「雑所得」の場合、帳簿を作成する義務はないので、エクセルなどで簡単に計算すれば大丈夫です。

(ただし、自分で把握ができるよう、各ASPの売上画面の印刷と、領収書の保管はしておいたほうがいいでしょう。)

この2つが揃ったら、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」で、本業の源泉徴収票に書かれた数字と、ブログ収入と経費を入力するだけで、必要書類が完成します!

操作するときの注意点は、絶対に住民税を「自分で納付」にすることだけです!

その他の具体的な操作についてはこちらサイトがわかりやすいので、参考にしてください。

完成したら、書類を印刷し、持参か郵送すればOKです!

余談:はじめて確定申告で税務署に行ったときの感想

拍子抜けしました。待ち時間を除けば1分で終わったからです。

イメージとしては、「売り上げの証拠を見せなさい!」とか「領収書を見せなさい!」とか、ありそうじゃないですか。

でも、実際は、窓口では書類を機械的に受理されただけでした。必要な書類が不足していないかなど、形式的なところしかチェックしません。

詳しくチェックする余裕はないし、何より、税額を計算するのはあくまで「納税者」ですから、今思うと当然ですよね。

ただ、不審な点が見つかった場合や、運が悪い場合には、「税務調査」で「答え合わせ」されることはあります。

その時はじめて、保管していた帳簿や領収書が必要になってくるのです。

とにかく、確定申告の書類を提出するとき変に構える必要は全くないので、安心してください!

確定申告のやり方(青色申告の場合)

「Freee」などの会計ソフトを使えば、青色申告に必要な小難しい帳簿や、実際に提出する書類をすべて作成できます!

(画像引用→「Freee」

1番安いコースで年間9,800円(初めはコレで十分です)ですが、青色申告による節税額や、税理士に依頼するお金、自分で簿記を勉強する手間を考えれば、絶対に安いです。

それに、会計ソフト代は全額経費にできますからね~。

30日間無料なので、まずは使ってみるといいと思います!

会計ソフト「Freee」を試す!

という感じで、自身で会計の知識がない限り、青色申告は会計ソフトでやることになるでしょう(お金持ちの方は、税理士に依頼もあり)。

逆にいえば、会計ソフト代さえ払ってしまえば、あとはそれほど難しいことはありません!ソフトの操作方法に慣れる必要があるくらいですかね。

会計ソフト「Freee」を試す!

以上で、解説は終わりです!

なお、確定申告については、下の本がわかりやすいので、おすすめです(超初心者向けです)。

皆さん、無事に確定申告できることを祈っています!

それでは、またどこかで。

【初心者】ブログがお金になる仕組み、稼ぐ方法を超簡単に解説! ①ブログ初心者やこれからブログを始める人に向けて書いた記事! ②「ブログがお金になる仕組み・稼ぐ方法」をわかりやすく解説!...