Kindleを買うべき理由!おすすめの端末はマンガモデルだ!




※2017/07/30:内容更新

この記事を開いたということは、あなたは今「Kindleを買うかどうか迷っている」あるいは「買いたいけれどどの端末を買うべきか迷っている」のかもしれませんね。

その疑問に答えるためにこの記事はあります。

記事の前半で「Kindleをおすすめする理由」を、後半で「購入すべき端末はどれか」について詳しく説明します。

さらに、最後の方で「Kindleを4,000割引きで購入する方法」についても解説しています。せっかくなら、お得に購入しましょう!

下に目次がありますので、あなたの知りたい情報が書かれているところからお読みください。




Kindleとは?

f:id:yasupiro0721:20160926212912p:plain

Kindleとは、Amazon社が発売しているKinde本(電子書籍)を読むための専用端末のことを言います。

Kindleストアの本(電子書籍)はKindle専用端末を持っていなくても、iPoneやiPadなどのタブレット端末にKindleのアプリをインストールすれば読むことができます。

「なんだ。iPhoneでKindleのアプリをインストールできるなら、Kindle専用端末はいらないかな」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

iPhoneは電子書籍を読むために開発されたものではないので、Kindle専用端末で読むより読書の質は必ず落ちます。

具体的にいくつか例を言うと、iPhoneよりKindleの方が目に優しいので長時間本を読める、読書に適したサイズである、バッテリーが非常に長持ちする、紙の本を読んでいるとしか思えない画質である、などなどです。

もちろんアプリで読むのも悪くはないのですが、Kindleを購入する価値は十二分すぎるほどあります。

それを証明するために、まずは「Kindleをおすすめする理由」から話していきます。

Kindleのおすすめポイント一覧

はじめにKindleのおすすめポイント一覧を載せた上で、個別に内容を説明していきます。

Kindleのおすすめポイント一覧!

1.本の持ち運びが不要になる!

2.手持ち無沙汰におさらば!

3.暗いところでも本が読める!

4.片手で本が読める!

5.ハイライト機能など細かい機能が充実!

6.Kindle Unlimitedで本が読み放題!

7.定期的なKindle本セールがある!

8.バッテリーが非常に長持ち!

それでは個別に内容を見ていきましょう。

①本の持ち運びが不要になる!

本を何冊も持ち運ぶのは大変ですよね。

しかし、Kindleは活字だけの本なら約1,000冊ダウンロードできる容量なので、Kindle1つ持ち運べば事実上1.000冊の本を持ち運ぶことができるのです。

Kindleの重さは約200グラムと一般的な文庫本と同じくらいで、サイズも非常にコンパクトです。

f:id:yasupiro0721:20161028173537j:plain f:id:yasupiro0721:20161028173651j:plain

これで重たい本を持ち運ぶ煩わしさから解放されますよ。

②手持ち無沙汰におさらば!

「電車に乗る前に雑誌を買ったものの、つまらなくて手持ち無沙汰になってしまった!!」なんて経験はありませんか?

Kindleなら1,000冊の本をダウンロードできますから、そんな事態とはおさらばできます!

③暗いところでも本が読める!

Kindleはバックライト機能を搭載しているので、トンネル内などの暗いところでも不自由なく本を読むことができます。
(※後述しますが、1番安い端末にはバックライト機能が搭載されていないので注意!)

また、Kindleは”e-inkスクリーン”という技術が用いられており、紙の質感に限りなく近い画質となっています。本物の紙の本を読んでいるとしか思えず、感動すると思いますよ。

さらに、Kindleはスマホとは異なり画像の光が目に向かってこないように作られているため、非常に目に優しいつくりとなっているのです。

長時間本を読んでいても目に負担をかけないという点が、アプリとの大きな違いの1つです。

④片手で本が読める!

電車通勤などで本を読みたい人は、以下のような商品を購入すれば簡単に片手で本が読めます。

f:id:yasupiro0721:20170429082927p:plain

紙の本だと片手で読むのはなかなか大変ですよね。

⑤ハイライト機能など細かい機能が充実!

大切なところに線を引いたり、メモ書きしながら本を読みたい人も多いと思いますが、これらはすべてKindleでも可能です。

気になる一文を選ぶと、以下の画像のようになります。

f:id:yasupiro0721:20160926211542j:plain

「ハイライト」を選ぶと分に線を引くことができ、「メモ」を選ぶとメモ書きを残すことができ、「シェア」そ選ぶと連携したTwitterなどに選んだ一文をつぶやくことができます。

その他、辞書機能なども備わっており、細かいところに手が届く親切なつくりとなっています。

⑥Kindle Unlimitedで本が読み放題!

Kindleには月額980円で約12万冊の本がすべて読み放題になる”Kindle Unlimited”というサービスがあります。

ラインナップについて、現時点(2017.5月)のKindle Unlimitedのダウンロードランキング上位の作品を載せておきます。

f:id:yasupiro0721:20170429083209j:plain

月額980円なのに1,500円程する人気の本も対象となっているので、非常にお得なサービスといえるでしょう。

特に、これから読書量を増やしたい人におすすめのサービスだと思います。

なぜなら、ふだんそれほど本を読まない人は、本を買ったはいいものの、結局読まないで無駄にしてしまうことを恐れ、なかなか新しい本を買えないと思うんです。だから読書量が増えない。

でも、このサービスは読み放題ですから、気になった本を片っ端からダウンロードして、気に入らなければ放置すればいいのです。だから気軽に新しい本に出会える。本が好きになる。

ということで、すでに本をたくさん読む人はもちろんのこと、これから読書量を増やしていきたい人にも非常にお得でおすすめのサービスとなっています。

合わなければすぐ解約すればいい話ですしね。

⑦定期的なKindle本セール!

f:id:yasupiro0721:20170429083543p:plain

Amazonでは日替わりセール、月替わりセールなど、Kindle本のセールが定期的に開催されています。

そもそも紙媒体の本よりKindle本の方が価格が安いので、安く本を読めれば実物は不要。という人とKindleの相性は非常に良いです。

私は部屋に物を置きたくない性分なので、Kindleを購入してから紙の本を買ったことはありません。

⑧バッテリーが非常に長持ち!

iPhoneのKindleアプリで読書していただければ分かりますが、2~3時間でバッテリーが怪しくなってしまいます。長時間本を読みたいとき、バッテリーがすぐになくなってしまっては話になりませんよね。

しかし、Kindle専用端末のバッテリーは非常に長持ちなので、充電なしで1週間くらいは余裕で使えます。

アプリよりKindle専用端末の方が優れている点の1つです。

Kindle端末の種類

さて、ここから話が変わります。

ここまでの説明を読んでKindleに興味を持ってくれたあなたに、今度は「どのKindle端末を買うべきか」説明します。

Kindle端末の種類は以下の5種類となっています。

Kindle端末の種類

・Kindle

・Kindle Paperwhite

・Kindle Paperwhite マンガモデル

・Kindle Voyage

・Kindle Oasis

さて、それではどの端末がおすすめなのでしょうか。

端末比較~おすすめの端末~

まず先に結論を言ってしまいます。結論は

「まだKindleを持っていない人はマンガモデル!」

「すでにKindle Paperwhiteを持っている人は、大量に漫画を読まない限りはマンガモデルに鞍替えする必要はない!」

です。

表を使って説明します。

f:id:yasupiro0721:20170429083603p:plain

(※金額は「Amazonプライム会員で、キャンペーン情報なし、3G回線なし」の場合です。大切な話なので、後で詳しく説明します。)

まず、ただのKindleは止めておいた方がいいです。

確かに安さは大きな武器ですが、バックライト機能が搭載されていないのは大きなデメリットです。安物買いで後悔しないでください。

次に“Voyage”“Oasis”についてですが、これは「ちょっと高級になったPaperwhite」と考えてもらって結構です。

Paperwhiteに比べてちょっと軽かったりバッテリーが長持ちするようになっていますが、そもそもPaperwhiteの時点で十分すぎるほど軽いしバッテリーも長持ちするので、値段の上がり幅に大して受けられる恩恵が少なすぎです。

というより、値段が大幅に安いマンガモデルの方が容量が28Gも大きい時点で、VoyageとOasisを買うメリットはほとんどないと結論付けてしまっていいでしょう。

Paperwhiteとマンガモデル

残すはPaperwhiteとマンガモデルですが、この2つの違いは以下が全てです。

「2,000円追加して4GB→32GBにするかどうか。」

マンガモデルは「漫画大国日本」限定版の商品で、大容量の漫画に対応するための商品です。一般的な漫画の場合Paperwhiteは100冊すら入りませんが、マンガモデルは約700冊入る容量となっています。

とはいえ、これはあくまでストレージ容量の話なので、読み終わった漫画を削除すればPaperwhiteでも大量に漫画を読むことはできます。

でも、せっかく購入した漫画を削除するのはもったいないですよね。

以上を踏まえると、

「まだKindleを持っていない人はマンガモデル!」

「すでにKindle Paperwhiteを持っている人は、大量に漫画を読まない限りはマンガモデルに鞍替えする必要はない!」

という結論になるというわけです。

なお、「快速ページターン」(ページめくり速度UP機能)などをマンガモデルの売りとして紹介しているサイトがありますが、情報が古いです。

現在はアップデートによりすべてのKindle端末で「快速ページターン」などの機能が使えます。

先ほど説明したように、Paper Whiteとマンガモデルの違いは「2,000円追加して4GB→32GBにするかどうか。」が全てです。

キャンペーン情報、3G回線

さて、実際にKindle端末を購入しようとすると、「キャンペーン情報あり or なし」「Wi-Fi or Wi-Fi+3G回線」という選択肢が出てくると思います(※マンガモデルのみ3G回線がありません)。

結論を先に言います。

「キャンペーン情報なし!3G回線なし!」にしましょう。

まず、「キャンペーン情報」とは「広告」のことです。これを「あり」にすると2,000円安く購入できますが、本を読む前などに毎回広告が表示されるようになります。

2,000円で大きく利便性が失われるので、キャンペーン情報は必ず「なし」です。

次に「3G回線」ですが、これも不要です。

マンガモデル以外はプラス5,200円で3G回線機能をつけることができますが、はっきり言って使い物になりません。

3G回線では本をダウンロードするのに膨大な時間がかかりますし、何より3G回線ではダウンロードできない本が非常に多いのです。

f:id:yasupiro0721:20160926152558j:plain

体感的には活字だけの本で70%、漫画は100%ダウンロードできません(だからマンガモデルには3G回線機能がないのです)。

ということで、キャンペーン情報も3G回線も「なし」がおすすめです。

Kindleを4,000割引きで購入しよう!~Amazonプライム会員~

購入するのはまだ早いです。これから1番大切なことを書いていきます。

Amazonプライム会員の人はKindle端末を4,000円引きで購入できます。

Amazonプライム会員は年会費3,900円(月額325円)なので元を取れる上に、プライム特典の動画見放題サービス(プライム・ビデオ)や音楽聞き放題サービス(Prime Music)まで利用することができるのです。

特にKindle利用者に嬉しい特典が「Kindleオーナーライブラリー」という特典です。

f:id:yasupiro0721:20170429083833p:plain

この特典によって、対象の本の中から、毎月1冊無料で好きな電子書籍を読むことができます。「7つの習慣」や「夢をかなえるゾウ」なんかは超有名な本ですよね。

※その他、Amazonプライム会員の”17コ”の特典の説明は下の記事をご覧ください!

【2017年】Amazonプライム会員に年会費3,900円の価値はあるか?17コの特典を徹底解説!

Amazonプライム会員には1か月の無料体験期間があるので、使ってみて年3,900円分の価値を感じなければ無料期間中に解約してしまえばいいでしょう。

せっかくKindleを買うなら、Amazonプライム会員になってお得に購入しましょう!

どこで購入すればいいの?

Kindleは基本的にAmazonで購入するもの。だと思ってください。

一部の店舗では店頭で買えますが、販売している店舗が限定されている上に、アカウント設定などを自分でしなければならないので面倒です。

Amazonで購入すればAmazonアカウントと紐づけされた状態のKindleが届くので楽ですよ。

まとめ

ということで、はじめてKindleを購入する人は

「マンガモデル!キャンペーン情報なし!3G回線なし!」

を買いましょう!

購入する前にAmazonプライム会員になることを忘れないでください!!

4,000円割引でKindleを購入できます!

 →【2017年】Amazonプライム会員に年会費3,900円の価値はあるか?17コの特典を徹底解説!

以上、「Kindleを買うべき理由!おすすめの端末はマンガモデルだ!」でした!

【スポンサーリンク】













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です