お金・節約・副業・仕事・生き方

元いじめられっ子が「いじめはいじめられるほうが悪い」を論破します

※2019/10/2:内容更新

はっきり言います。

「いじめはいじめられる方が悪い」

という主張は絶対に間違いです。

実体験を踏まえながら、

「いじめはいじめられる方が悪い」を論破します。

動画で聞きたい方はこちらをどうぞ!

理不尽ないじめにあった経験

まず体験談を話します。

中学校に入学し、1番最初に隣になった女の子が、小学校でいじめを受けていました。

しかし、わたしはその子と違う小学校に通っていたので、そんなこと知る由もありません。

だから、わたしはその子とふつうに話していました。

結果、わたしもいじめグループに目をつけられたようで、ある日突然、無視されるようになりました。

中学生になって、まだ1週間くらいの出来事です。

はじめは全く意味がわからず、本当に恐怖でした。

「あれ?どうして急にそんな態度を取るの?」、と。

まず知ってほしいのは、いじめはそのくらい急に、理不尽に起きることがある。

ということです。

もしかすると、あなたは「自分がいじめられるわけがない」と思っているかもしれません。

しかし、それは間違いです。

どんな人でも、理不尽にいじめられる可能性はゼロじゃないのです。

自分が理不尽ないじめにあったとき、「いじめられる自分が悪い」と心から思えるでしょうか?

「いじめはいじめられる方が悪い」

という主張は、いじめられたことがない人の机上の空論、または、いじめっ子の自己弁護に過ぎないのです。

<スポンサーリンク>

「いじめはいじめられる方が悪い」の根拠を論破する

「いじめはいじめられる方が悪い」の根拠は何でしょう?

おそらくですが、こういうコトでしょう。

いじめられるヤツには、それ相応の欠点、落ち度などがあるから

「気に食わない」「空気が読めない」「場を乱す」

「仕事ができない」「頭が悪い」「運動神経がない」

「容姿が悪い」「体型が悪い」「性格が悪い」

だから、いじめられて当然だ!ということでしょう。

しかし、これらを理由に「いじめはいじめられる方が悪い」と主張するなら、あなたがいじめられても文句は言えません。

完璧な人間は存在しないからです。

100人中100人から好かれるパーフェクト人間がいない以上、欠点、落ち度などを理由にいじめが肯定されるなら、全人類がいじめの対象になってしまいます。

いじめは私刑であり、法治国家では絶対に認められない

こう反論する人がいるかもしれません。

「それは極論だ」

「実際として、いじめられても仕方ない人間はいるんだ」

「例えば、職場に仕事をサボリつづけている悪いやつがいたとする」

「ソイツを追い出すためにいじめることの何が悪いのだ」

確かに、マジメに働かないその人には問題があります。

イライラする気持ちもよくわかります。

しかし、その状況を改善するためにいじめという手段を取る必然性はありますか?

ないですよね。

話し合う、距離を置く、誰かに相談する、しかるべき制度・法律で裁く。

色々な解決方法があるはずです。

そもそも、日本を含む多くの国で私刑(私的な制裁)は禁止されています。

いじめ・リンチは私刑に他なりません。

私刑が認められるようになると、それぞれの人が勝手に「悪」を判断し、勝手に制裁を行うようになります。

そうなると、結局、力がある者が「正義」になり、力を持たない「悪」はいじめられます。

本当にそんな世界でいいですか?

「自分は力がある」と思っている人でも、もっと上の人にいじめられるかもしれませんよ?

いじめを肯定するということは、私刑を肯定するということです。

そういう方は、法治国家に住むべきではありません。

「いじめはいじめられるほうが悪い」は間違い!

話をまとめます。

誰でも理不尽にいじめられる可能性はある

→いじめられたとき、「オレが悪い」と思えますか?

パーフェクト人間がいない以上、「アイツは性格が悪いから」「仕事ができないから」などの理由でいじめを肯定することはできない

法治国家では私刑が禁止されている

以上から、「いじめはいじめられる方が悪い」は絶対に間違いです。

【追記】いじめられている方へ

もし、いじめを受けている方がこの記事を読んでいるなら、今すぐ逃げてください。

大丈夫です、逃げても生きていけます。

学生の方なら、今ならYouTubeなどでいくらでも勉強できます。

例えば、ぼくはYouTubeに中学歴史を解説する動画を投稿しています。

最近は勉強動画を投稿する人が増えています。

今の時代、学校だけが全てではありません。

ネット、本などを活用すれば、いくらでも勉強できます。

また、社会人の方で上司などにいじめられている人も、今すぐ逃げましょう。

ぼくは仕事がイヤでやめましたが、何とかブログなどで生きています。

学校と同じく、今の時代、1つの職場が全てではありません。

転職や独立。

いくらでも生きていけます。

「でも、どうすればいいか分からない…」

という方は、ひとまず副業ブログなどを始めてみてください。

副業ブログで月10万稼ぐサラリーマンが、その方法を教えます!※2019/3/27:内容更新 こんにちは。サラリーマンブロガーのやすぴろです。 副業でブログを始め、今は月に10万円ほど稼いで...

とにかく、本当に辛いなら今すぐ逃げましょう。

逃げることで、今より悪くなることはないはずです。

以上、「元いじめられっ子が「いじめはいじめられるほうが悪い」を論破します」でした。