オススメ

「完全ワイヤレスイヤホン TWS-X9」をレビュー!おすすめです!

はじめて「完全ワイヤレスイヤホン(トゥルーワイヤレスイヤホン)」を買ってみました!

「なぜもっと早く買わなかったのか」と後悔するばかりです。それくらい便利で、世界が変わりました。もう、有線イヤホンには戻れません。

「完全ワイヤレスイヤホン」の良さや、僕が買ったイヤホン(TWS-X9)の感想を書いていくので、参考にしてください。

「完全ワイヤレスイヤホン」をおすすめする理由

まず、そもそも「完全ワイヤレスイヤホン」をおすすめする理由を説明します。

理由は単純で、「線があることの煩わしさから解放されるから」です。

例えば、線がないことで・・・

①家事など、ながら作業がしやすい!

②ランニングなどのスポーツがしやすい!

③線が絡まる煩わしさがない!

④線が擦れてノイズが起こることがない!

有線よりストレスなく、集中して音楽を聞ける!

これだけのメリットがあるのに「完全ワイヤレスイヤホン」を購入しない理由は、「完全ワイヤレスイヤホンってそもそも何?」「値段が高そう」「音質が悪そう」「難しそう」というイメージがあるからだと思います。

でも、実際はそんなことありません!

僕が買った商品は、「約6.000円で、同価格帯の有線イヤホンと同程度の音質があり、操作も簡単」でした!同じ値段帯で音質も良いなら、ワイヤレスでなく有線を選ぶメリットはないですよね!

ということで、僕が買った商品を紹介します。

完全ワイヤレスイヤホン「TWS-X9」

僕が買った商品は、Pasonomi社が販売している「TWS-X9」という商品です。

Amazonのレビューが非常によく、値段も約6,000円(2018年7月現在)と手が届く範囲なので購入してみたところ、見事「当たり」でした!

「TWS-X9」の見た目や付属品など

パッケージを開封すると、以下のものが入っています。

ワイヤレスイヤホン本体(充電ケースに格納)、充電ケース、マイクロUSBケーブル(30cm)、イヤーピース(S/M/L)、収納袋、取扱説明書

イヤホンは、こんな感じで充電ケースに格納されています。

(近未来的でカッコイイ!!)

丸く可愛らしいデザインで、重さは4.6gと非常に軽いです。

充電ケースの中に入れると自動で電源がオフになり、充電が始まります。充電中はイヤホン本体が赤く光り、青い光は充電の残量を示しています。

充電ケースにはUSBとマイクロUSBの接続口があります。別売商品を買わなくても、スマホが充電できる環境なら間違いなく充電できるので安心してください。

そのほか、大中小のイヤーピースが付属しているのでサイズが合わない心配はないですし、説明書も日本語でわかりやすいです。

「TWS-X9」のレビュー【良いところ】

やすぴろ
やすぴろ

それでは、「TWS-X9」の具体的なレビューに入ります!まずは「良いところ」から説明します!

①Bluetooth接続(ペアリング)が容易で、音飛びもほとんどない!

「完全ワイヤレスイヤホン」は、スマホなどとBluetooth接続(ペアリング)して音楽を聞きます。

恥ずかしいことに”Bluetooth”を使ったことがなかったので、「できるかな?」と不安でししたが、ペアリングは超簡単でした!

~ペアリングの流れ~

①イヤホンを充電ケースから取り出す→自動で電源がONになる!

②iPhoneのホーム画面から「設定」→「Bluetooth」→「X9」をタップして「接続済み」にする!(※iPhoneの場合。もちろん、Androidも対応

ペアリングはこれだけで完了です!

次回からは、イヤホンを充電ケースから取り出した瞬間に(=イヤホンの電源がONになった瞬間に)、スマホの音がイヤホンから聞こえるようになります。

「充電ケースの出し入れ=電源のオン・オフ」になっているところが「TWS-X9」の特徴で、無駄な作業がなく、ストレスがありません。

はじめてBluetoothで音楽を聞きましたが、ほとんど音飛びもなく、快適です。スマホを置いたまま別の部屋に行ってもちゃんと音楽が聞こえます。

②音質が1万円台の有線イヤホンに劣っていない!

「ワイヤレスって有線より音質悪そうだな」と思っていましたが、全くそんなことはありませんでした。

もともと1万円台の有線イヤホンを使っていましたが、音質は劣っていません。

若干低音が弱く高音寄りの音質だと思いますが、よっぽどの音楽マニア・オーディオマニアでない限り特に気にならないと思います。

少なくとも、同価格帯の有線イヤホンと同程度の音質は確実にあります。

また、カナル型なので遮音性が高く、線がないことの開放感から、有線イヤホンより音楽に没入できる感覚があります。

③充電がめっちゃ長持ちで、充電ケースはモバイルバッテリーになる!

ワイヤレスといっても、1時間ごとに充電を求められるようでは話になりません。

その点、「TWS-X9」はフル充電で4時間ぶっ通しで聞けるので、通勤・通学の際などに充電が切れることはまずありません。

「TWS-X9」より高いワイヤレスイヤホンでも2時間程度で充電が切れる商品が多く、「連続再生時間」という点で、「TWS-X9」は他商品を大きく上回っています。

また、充電ケースには大容量2200Ahのバッテリーが搭載されており、フル充電で72時間分イヤホンを充電することができます。

なので、充電バッテリーを持ち歩いていれば、「イヤホンの充電がない!」という事態はまずありえません。

さらに、充電ケースはモバイルバッテリーとしても使え、スマホなどを充電することも可能です。めちゃくちゃ便利です。

④しっかりフィットし、ずれない!

Amazonで「人間工学に基づいたデザインで、あなたの耳の形に完全にフィットします」と説明がありましたが、本当にフィットします。

わざと激しい動きをしてみましたが、全く落ちる気配がありません。ランニングなどで安心して使えますね。

イヤーピースも大中小サイズのものが付属しているので安心です。

⑤ワンタッチで曲の停止やスキップができる!

イヤホン本体を軽く1回タッチすると曲が停止(再生)し、2回タッチすると次の曲に飛びます。

急に人から話しかけられたときなどに、いちいちイヤホンを外さなくていいので便利です。

⑥防水機能がついている!

防水機能がついているので、雨が降ったり、大量に汗をかいても問題ありません。

水洗いもできるそうですが、さすがに風呂に入りながら使うのはやめておいたほうがいいと思います。

「TWS-X9」のレビュー【気になるところ】

やすぴろ
やすぴろ

少しだけ気になるところがあるので、紹介します。

①細かい音量設定ができない(iPhoneは最小の音がデカイ)

個人的に、1番のデメリットです。

「曲の停止(再生)」「スキップ」以外の操作はスマホなどのデバイス本体で行うことになりますが、iPhoneは細かい音量調整が出来ず、最小の音でもけっこうデカイです。

ふつうに音楽を聞く分には全く問題ないですが、就寝時や作業時に小さな音で聞きたいときに不便です。

②音ゲーなどでは音ズレあり

音ゲーや細かいアクションを要求されるゲームでは、音ズレが気になります(※「TWS-X9」だけでなく、すべてのワイヤレスイヤホンがそうですが)。

ふつうの動画を見る分には全く問題ないので、音ゲーなどをやる際は有線イヤホンを使いましょう。

③通話相手から声が小さいと言われる(らしい)

イヤホンを耳につけたまま通話することが可能ですが、通話相手から声が小さいと言われることが多いらしいです。

僕は言われたことがないので分かりませんし、そもそも電話自体ほとんどしないので気になりません。

「完全ワイヤレスイヤホン」は超おすすめ!迷っているなら買おう!

ということで、総合的には、「完全ワイヤレスイヤホン」は超おすすめです!

「有線と同じ値段帯で、音質も負けず劣らずで、操作も簡単」なので、正直、有線イヤホンを選ぶメリットがわかりません!

少なくとも、1度試してみる価値は絶対にあります!ぜひ、線がない開放感を味わってみてください!

以上、「はじめての「完全ワイヤレスイヤホン」!「TWS-X9」をレビュー!」でした。

それでは、また。

やすぴろ
やすぴろ
下の記事でたくさんおすすめ商品を紹介しています!ぜひ、参考にしてください!
【2018】Amazonで買うべきおすすめ・お得な商品を29コ紹介!※2018/11/29:内容更新 ①実際に買った商品だけを紹介! ②値段別(安い順)に紹介! ※セールなど...