音楽

Nulbarich(ナルバリッチ)をライブで見た感想!ボーカルJQの歌うますぎ!

Nulbarich(ナルバリッチ)。

曲がハイクオリティであることは認めるが、僕はこのバンドのことがあまり好きではありませんでした。

音楽業界が”次の金の生るSuchmos”として生み出した作為的なバンドというイメージがあったからだ。ロック音楽の持つ反骨精神や人間臭さが感じられなかったのだ。

しかし、そんな彼らの「生」をRIGING SUN ROCK FESTIVAL 2017で体感し、印象ががらりと変わった。

Nulbarichは紛れもなく、「音楽が大好きな生身の人間」が純粋な気持ちでやっているバンドだった。

語ります。

Nulbarich(ナルバリッチ)ってどんなバンド?

2016年に結成したばかりのバンドです。

2016年にファーストアルバム『Guess Who ?』をリリースした途端、タワーレコードの猛プッシュなどもあり、瞬く間に音楽好きの間で名が知れ渡りました。

2016年時点では「音楽好きの間で話題のバンド」くらいの売れ方だったと思いますが、2017年、Nalbarichはお茶の間レベルで曲が知られるバンドになります。

きっかけはHONDAのCMに『Guess Who ?』に収録されている「NEW ERA」が採用されたこと。完全にSuchmosの「STAY TUNE」と同じ売り方です。

(NEW ERA)

この曲がCMで流れているのを見たとき、思わず笑っちゃいましたもん。「おいおい!露骨にSuchmosと同じ売り方してきたな!」、と。

そんなNulbarichでしが、シンガーソングライターでリーダーの「JQ」以外のメンバーは固定されていません。

基本的にギター×2、ベース、ドラム、キーボードで構成されることが多いですが、JQ以外の固定メンバーはおらず、ライブに応じてメンバーが変わります

(※最近はメンバーがほぼ固定化されているようです)。

メンバーが固定化されていないため、意図的ではなく自然と「覆面バンド」になったようです。

(この黒い覆面キャラ(?)はファンの間で「ナルバリくん」と呼ばれています)

音楽性は「次のSuchmos」としてプッシュされていることから分かるように、アシッド・ジャズを基調としたブラックミュージック寄りの音楽です。

Suchmosより「ロック」色は大分薄く、よりヒップホップやジャズの色が濃く、洋楽寄りだと思います。英語の発音もものすごく上手いです(たぶん)。

英語の中に日本語を自然と混ぜ込ませるのが上手すぎです。「まぁラフにタフに Go」とか上手く言ったもんだなぁ、と感心します。

<スポンサーリンク>
 

 

Nulbarichが好きじゃなかった理由

しかし、僕はNulbarichのことがあまり好きになれませんでした。

音楽界の露骨な「次のSuchmos」プッシュに辟易していたし、言うほどSuchmosに似ているとは思えなかったからです。

Suchmosにはロックの持つ「ギラギラ感」がある。「俺たちがメインストリームになるんだ!」というロック小僧の泥臭い熱意がある。「ダサいやつらを淘汰してやる!」みたいなギラギラしたロックスター感がある。そこが好きだ。

本来Suchmosは「お洒落」とは正反対の泥臭くて人間臭いバンドです。仲の良い友達と好き勝手やっている感じも人間臭くていい。

でも、NulbarichにはSuchmosのような「人間臭さ」を感じなかった。ロックの持つ「熱さ」がなかった。

そもそも僕は、初期THE BACK HORNのように泥臭くて、自意識過剰で、大げさで、情緒不安定で、ロックやってなかったら死ぬだろコイツみたいなバンドが大好物なので、Nulbarichの「プロが今の流行りに合わせて曲を作ってみました。お前らの間でこんな音楽が流行ってんだろ?」的な余裕感がいけすかなかった。

要するに、Nulbarichの音源からは「人間味」を感じなかったのだ。曲は確かにいいが、ただそれだけ。

「Nulbarich聞くならMaroon5でも聞いてりゃいいじゃん!」って感じで、わざわざNulbarichを聞かなきゃいけない理由が見つからなかったのだ。

ライブで印象が変わる。歌がめっちゃ上手い!

しかし、RISING SUN ROCK FESTIVALで生Nulbarichを見てイメージががらりと変わりました。

ボーカルのJQの異様な「人間臭さ」。

(あえてJQの画像は貼りませんが、探せば出てきます!)

見た目はお洒落なチャラ男なんだけど、客を見る目が明らかにおかしい。めっちゃ気難しそうで、サイコパスな感じすらある。かなり独特な雰囲気だった。

しかも、はじめの方は全然客の方を見れず、メンバーの方ばかり見て歌っていました。

「あれ?まさかこの人緊張してる?いや、まさかね」と思いながら見ていましたが、今思うと、あれは確実に緊張していたんだと思う。

ライブを見る前は、「今の音楽シーンの流行りってこんなんだろ?」って感じの意地の悪そうなおっさんが余裕しゃくしゃくで歌っている姿を想像していましたが、そんなことは全然なかった。

むしろ、素人感の強い不器用な感じの人だった。ライブで緊張する血の通った人間だった。

MCも緊張からなのかいつも通りなのかは分からないが、ぼそぼそ喋りすぎで何を言っているのか全く分からない。というか、日本語の発音がおかしい。そのわりに英語の発音はめっちゃ良い。

しかも、語尾に「まじで」をつけすぎてダサい大学生みたいになっている。

と、ボーカルJQの印象はこんな感じだったわけで、この感想だと「音源はプロだけどライブは素人レベルのくそバンド」という印象を与えてしまいますが、それは断じて違います。

演奏、歌唱レベルはむしろめっちゃ高いです。とにかく客慣れしていないだけって感じでした。

これは強調したいのですが、JQの歌がまじでびっくりするくらい上手かった。ライジングで見た誰よりも上手かった。Suchmosのyonceも上手ですが、それを軽く越える上手さ。

声量もある。音程も正しい。英語と日本語のリズム感も最高。

特にびっくりしたのが、「歌心」。音源は「歌」に焦点をあてた作りをしていないので気づきませんでしたが、とても情緒のある歌い方をする。

特に、「LIFE」の冒頭の歌いだしとか本当に感動しましたもん。

超大物洋楽アーティストの曲を聞いていると勘違いしてしまいそうな曲の普遍的な良さ、ボーカルの歌心。音源よりも格段歌が胸に響いた。

Nulbarichの「生」。最高でした。

まとめ

すいません。僕が斜に構えていただけでした。

Nulbarichは作為的な血の通わないバンドなんかではありません。

ボーカルJQの人間臭さ、血の通った「歌声」を通じて聞くNulbarichの音楽はまさに至高でした。

手のひら返しのようですいませんが、これからの活動に期待しています!

素晴らしいバンドなので、興味を持った方はぜひ聞いてみましょう!

以上、「Nulbarich(ナルバリッチ)をライブで見た感想!ボーカルJQの歌うますぎ!」でした。

やすぴろ
やすぴろ

Nulbarichは『Spotify(スポティファイ)』などの音楽アプリで聞けます

おすすめ音楽ストリーミング(音楽聞き放題)サービスをまとめた記事も書いているので、ぜひあわせてご覧ください!