雑談系など

【北海道地震】本震が来るというデマが拡散。ネットリテラシーのなさが不安

北海道胆振東部地震(北海道地震)を巡って、以下のような【デマ】が出回っています。

厚真で活動する自衛隊が地鳴りがひどいと言ってるらしい。札幌の平岡や清田でも地鳴りと地震雲確認。推定5~6時間後に本震の可能性大だってさ

「厚真→苫小牧」「自衛隊→海上保安庁」だったりと若干の違いはありますが、概ねこのような内容のデマが拡散され、実際に信じてしまった人が多いようです。

ぼくのところにも、母親から、上の情報を添えて「本震が来るらしいから気をつけて!」という電話が来ましたが、少し考えれば、明らかにおかしな情報であることは分かるはずです。

①本当にそんな危険な状況なら、気象庁とか、しかるべきところが発表するのでは?

②5~6時間後っていうけど、そんなに正確に時間が分かるものなの?

③「自衛隊が地鳴りを聞いた」→「5~6時間後に本震」って、話飛びすぎじゃない?

というような話をしてあげたら、母親は「あぁ、デマなのかい」とやっと理解してくれました。

こういうデマが簡単に拡散される状況に、危険を覚えます。

1番悪いのがデマを流す人であることは当然として、深く考えず、簡単にデマを拡散してしまう人にも問題はあります。

インターネットで情報に触れたら、せめて、情報を多元化する癖をつけましょう。

今回の件でいえば、拡散する前に、「ラジオで何か言っているかな?」「気象庁のHPで確認してみよう」「Twitterの反応を見てみよう」などなど、情報を多元化することはできたはずです。

(少しTwitterで調べれば、すぐにこういう情報が出てきたはずです)

「~はデマだ」という情報が「デマ」かもしれないので、ネットだけの情報は危険です。

今回は「停電」ということもあり、情報源が少ない人も多かったでしょう。

ラジオなどを備え、情報源を複数確保しておくことが、防災上非常に重要だと感じました。

いずれにせよ、今回デマを何も考えず拡散してしまった人は、反省すべきです。

「善意でやっただけだ」「別に来ないなら来ないでいいじゃん」「備えは大切だろ」「なら、本震が来たらお前だけ死ねよ」などと反論する人がいますが、深く考えずデマを拡散し、不安を煽ることは決して褒められた行為ではありません。

今回は「来ないなら来ないで問題ない」事案だったのでいいですが、もっと重大な【デマ】を拡散してしまう恐れだってあったんですよ。

インターネットで情報に触れたら、情報を多元化するネットリテラシーを身につけましょう!

被災して分かった!停電時にあると「便利なアイテム」や「注意点」など!台風21号や北海道胆振東部地震など、自然災害による停電が問題になっています。 ぼくは、北海道地震で被災しましたが、停電はものすごく...

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});