漫画

【ダイの大冒険】大魔王バーンより最高のラスボスはいない!

※2018/03/11:内容更新

「DRAGON QUEST-ダイの大冒険-」

少年漫画史に残る大傑作ですが、大傑作になった理由の1つは、「ラスボスが素晴らしいから」だと思います。

ということで、ダイの大冒険のラスボス”大魔王バーン”の魅力について語ります!

※まじで大魔王バーンの魅力を語るだけの、マニアックな記事です。

①大魔王バーンは、最初から最後までラスボスのまま!

1番がっかりするラスボスは、「ぽっと出のラスボス」だと思います。

馴染みのないやつが急にラスボスとして出てくると、どれだけ強くたって、「いや、おまえそもそも誰やねん!!!」と萎えます。

かといって、「実は仲間や身内がラスボスでした!」というのもありきたり。

その点、大魔王バーンは2巻の時点で名前が登場し、その時点でしっかり「ラスボス」として紹介されています。

なかなか姿を現さず、名前だけの登場というのもクールです!

はじめて姿を現したのは17巻!

名前の登場から姿を現すまで長い時間がかかったので、読者の期待値は上がりまくっています。

しかし、それを裏切らない貫禄の姿。

明らかに老体ですが威厳があり、がっかりポイントがない!「大魔王」として100点満点の見た目です!!

はじめて大魔王バーンの姿を見たときの、ハドラーの反応がいいですね。「老体だけど・・・、やばい・・・!!」という雰囲気がびしびし伝わってきます。

意外と、「漫画の序盤でラスボスっぽく紹介されたやつが、そのままラスボスになるケース」って少ないと思います。インフレについていけなくなったりで、小物化しちゃう。

だから、「実はラスボスっぽいやつを操っているもっとやばいやつがいて、そいつが本当のラスボスでした~」みたいなパターンばかりです。

その点、大魔王バーン様は、「最初から最後までラスボス」のままだった偉大なラスボスなのです!

②ラスボスの第1条件!圧倒的な「強さ」!

みなさん、ラスボスの第1条件ってなんだと思いますか?

「強さ」ですよね!!!!

弱いラスボスは、ほんとがっかりします。誰とは言いませんが。

その点、大魔王バーンの圧倒的強さたるや。たまりません。

特に、はじめの戦闘シーンのインパクトが神がかっていましたね。

「今のはメラゾーマではない・・・。メラだ・・・。」のシーンとか、下のカイザーフェニックスのシーンとか、「おいおいおい!こんなの絶対勝てないじゃねーか!」と絶望しました。

というか、実際、1回パーティー絶滅させていますからね。

やっぱり、ラスボスに必要なのは「強さ」、そして、そこからくる「絶望感」ですよ!

下のシーンの絶望感!最高ッ!!!

③2回進化する!!~底のなさ~

ラスボスに「進化」は付き物です。

第1形態ですら死にもの狂いでやっと倒したのに、さらにその上の形態があったときの絶望感たるや!!!

その点、大魔王バーンは「2回」も進化を残していますからね。しかも、それぞれ全然見た目や戦い方が違うときた!

老体だが、知性と魔力で戦う第1形態。

若く強靭な肉体で戦う第2形態。

そして、化け物になった第3形態。

特に、第2形態の秘密がすごくいい。「ミストバーン(影のバーン)に時を止めた若い体を託していた」という設定、カッコいい!

(なので、正確には、第2形態は「進化」ではなく「元の姿に戻った」と表現したほうが正しい)

ミストバーンも初登場が非常に早いですからね。「影のバーン」という名前から察するに、このころからすでに第2形態の構想があったのでしょうか。

最後の第3形態は見た目こそダサいものの、すべてのプライドをかなぐり捨てた大魔王バーンを見れるところが良いです。

ずっとすまし顔のラスボスもカッコいいけど、最後の最後ですべてを吐き出すラスボスもカッコいいと思います!

<スポンサーリンク>
 

 

④太陽に焦がれるギャップ!~ダイの大冒険における太陽の役割~

ラスボスの「目的」が小さかったら嫌ですよね。

その点、大魔王バーンの最終目的は「太陽」を我が手にすることですから!スケールがでかい!

(このシーン大好き!)

スケールの大きさもそうですが、魔界の大魔王が「太陽」を欲しがるというのが意外で、ギャップがあっていいですよね。

逆に、「太陽をぶっ壊して暗黒の世界にするのだ!わはは!」だとちょっとダサかった。

この漫画において、「太陽」という言葉はとても印象的に用いられています。主人公の「ダイ」が「太陽」と表現されるように。

この漫画における「太陽」は「希望」と同じ意味なのです。

魔界は希望がない世界ですよね。だから、大魔王バーンは太陽を焦がれた。

ラスボスは一般的には「悪」の存在です。その「悪」が太陽という希望を欲しがったというギャップに惹かれます。

まとめ~ダイの大冒険が大好きな方へ~

大魔王バーンだけで1つの記事を書いてしまいました!

それだけ大魔王バーンが魅力的なラスボスということですね!

「懐かしい~」と思った方は、ぜひ全巻一気読みしちゃいましょう!

 

「ダイの大冒険」が大好きな方に、ぜひ知ってほしいサービスがあります。

「少年ジャンプ」の無料漫画アプリ版、「少年ジャンプ+」です!

今はキャンペーンが終了してしましたが、かつて、このアプリで「ダイの大冒険」が100話以上読み放題になったことがありました。

頻繁に「過去の名作一気読み」のキャンペーンが始まるので、「ダイの大冒険」もそのうちまたキャンペーンの対象になると思います!

「少年ジャンプ+」では「ダイの大冒険」の他、主に以下の3種類の漫画を完全無料で読めます!

①「少年ジャンプ+」のオリジナル連載作品

「ワンピース」「ドラゴンボール」などの再連載作品

③『週刊少年ジャンプ』などで連載されていた人気作品の一気読み(←かつてダイの大冒険も読めた!)

漫画は基本的に冒頭の3話と最新の3話まで無料で読めるので、定期的に読めば全話無料で読むことができます!

<インストールはこちらから!>

少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

※アプリは課金しない限り完全無料です。

また、「ドラゴンクエスト」が大好きな方は、ぜひ「星のドラゴンクエスト」をプレイしてみましょう!かつては「ダイの大冒険」とのコラボイベントもありました!

⇒星のドラゴンクエストのインストールはこちら!

課金しなければ完全無料ですし、アプリゲームとは思えないボリュームとクオリティです!(App Storeの評価も4.5と高評価!)

以上、「【ダイの大冒険】大魔王バーンより最高のラスボスはいない!」でした!

それでは、また!