読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏フェスに必要な持ち物!あると便利なもの!ファッションはこれでOKだ!

f:id:yasupiro0721:20170425210545p:plain

ライブ好きにはたまらない夏フェスシーズンが始まりますね。

今回は「夏フェスに必要な持ち物!あると便利なもの!ファッションはこれでOKだ!」ということで、夏フェスの持ち物(必需品やあると便利なもの)やファッションについて紹介していきます。

私はフェスの中で1番RISING SUN ROCK FESTIVAL(以下、ライジング)の参加経験が多いためライジングに行くことを想定して書きますが、野外フェスならどこでも参考になる内容となっています。

「ライブ中心で参加する人」「BBQなどもしたい人」「大人数の人、少人数の人」「テントを利用する人、しない人」等によって必要な持ち物が大きく変わるため、どの人にでも対応できるよう網羅的に書いていきます。

目次もありますので、自分に関係なさそうなところは読み飛ばしてOKです!

 

必需品

チケット

絶対に忘れないでください!

財布

万一の紛失防止のため、財布(現金)は2つに分けることをおすすめします。

ライジングは会場にATMがないので、お金は少し多めに持って行った方がいいでしょう。クレジットカードや電子マネーは使えますが、紛失にはくれぐれも注意です。

また、財布はふだん使っている長財布などではなく、アウトドア向けの薄い財布にしましょう。革製の商品は汗でぐちゃぐちゃになるので、ふだん使っている高級な財布は持ってこない方がいいです。

CHUMS(チャムス)の商品なんかが定番ですね。

 

また、首から下げるタイプの商品は紛失の危険性がないのでおすすめです。ポケットがたくさんあるので、これにお金や携帯電話等の必需品を入れておけば完璧です。

 

携帯電話とバッテリー

フェス中の携帯電話の使用頻度は非常に高いです。

携帯電話はもちろんのこと、バッテリーも必ず持っていきましょう。

 

また、夜露や雨の対策として防水ケースがあると心強いです。Iphoneは水にめちゃくちゃ弱いですからね。

 

防水ケースがない人はジップロックで保護するといいでしょう。防水にも収納にも役立つので、私はフェスに大量のジップロックを持っていきます。

 

バッグ類

バッグ類は着替えの服などを入れる大きなもの(=拠点に置いておくバッグ)と、会場の移動やライブ中に身に着ける小さいものの2つを持っていきましょう。

リュック

拠点に置いておくバッグのおすすめはリュックです。野外フェスはアウトドアですから、両手が使えた方が何かと便利ですよ。

行き帰りのバッグは1つになった方が楽なので、すべての持ち物が収納できる大きなサイズのものを選ぶとよいでしょう。

また、防水加工のものだと雨や夜露対策になるので理想的です。

 

ライジングの場合は荷物をレジャーシート(またはテント)に放置することになるので、夜露対策にビニール袋を持っていくと便利です。ゴミ捨て用にも必要ですし、簡易的なレインコートにもなるので、ビニール袋はフェスの超必需品です。

 

ウェストポーチ、ショルダーバッグ

会場移動中に使うバッグはウェストポーチやショルダーバッグ等の動きやすいものにしましょう。財布などの貴重品、携帯電話、ペットボトルが入るものであれば十分でしょう。

個人的におすすめなのがホールドチューブ(HOLD TUBE)です。

f:id:yasupiro0721:20170426195852p:plain

ストレッチ素材なので物を入れても邪魔にならないですし、見た目以上に物が入ります。携帯電話、財布、ペットボトル、デジカメくらいなら余裕で入ります。

個人的に嬉しいのは、スマホを取り出さなくてもスマホ窓から直接操作できるところです。

f:id:yasupiro0721:20170425212203p:plain

フェスの最中は手が汚れていることが多いので嬉しいですね。

ホールドチューブはこれからフェスのスタンダードになっていくと思います。 

 

ファッション(服装)

まず、シャツは必ず替えを持って行ってください。夏フェスといえど、汗をかいた体に夜風は非常に寒いです。半袖と長袖1枚ずつ持っていくといいですね。

また、防寒着としてパーカーはあった方がいいです。

下は動きやすいものなら何でもいいですが、短パンの場合はレギンス着用をおすすめします。あと、靴下は長い物の方が安全です。

防寒着

必ず持って行ってください。絶対にです。

「北海道といえど8月だし大丈夫でしょ」となめてかかると大変なことになります。ライジングサンは外で一夜を明かしますから、8月でもめちゃくちゃ寒いです。なめてかかるとまじで死にます。

ライジングじゃなくとも、汗をかいたボロボロの体に夜風は堪えます。特別なものでなくてもいいので、最低限パーカーは持っていきましょう。

また、季節外れですがホッカイロがあると非常に助かります。

 

靴は動きやすく頑丈なものにしてください。スニーカーで全然問題ないですが、ライジングやFujiのようにアウトドア要素の強いフェスではトレッキングシューズが1番心強いです。

 

帽子

帽子は好きなデザインのものを選べばいいと思いますが、紐がついているとライブの最中に失くす心配が減ります。日焼けが気になる人はUVカットのものを。

熱中症対策に持って行った方がいいです。

 

サングラス

昼間は日差しが強いのであると便利です。特にサンステージ付近は砂嵐もひどいため、目を保護する意味でもあるに越したことはありません。

 

タオル

好きなバンドのタオルを使えばいいと思いますが、グッズのタオルって短くて首に巻きずらいものが多いんですよね。

そういう時、ヘアゴムやリストバンドがあると非常に便利です。実はタオルを首に巻くのに便利なんですよ。

f:id:yasupiro0721:20170425212602p:plain

髪型

好きな髪型で問題ありませんが、髪が長い女性は必ず縛ってください!

ライブ中に後ろの人の口に入ったりで大変なんですよ。髪を縛るのはライブの最低限のマナーですよ!

 

雨の対策

天気予報が雨だった場合の対策です。

すでに説明したものとしては、携帯の防水ケース、ジップロック、ビニール袋などがあると便利です。雨が降っていなくとも、オールナイトのフェスは夜露対策として持って行った方がいいでしょう。

レインコート

曇りや雨の予報なら持っていきましょう。

100均の商品を買って帰りに捨てるといいですが、しっかりしたものを持っていくと防寒対策にもなってGOOD。雨で体が冷えると一気に体力を奪われますからね。

 

レインブーツ

すでに雨が降っている場合などは、レインブーツがあるに越したことはありません。地面がドロドロで大変なことになりますからね。

とはいえ長靴だと動きにくいので、下の商品のような軽い靴がおすすめです。

 

レジャーシート等(拠点となるもの)

テント

テントサイト入場券を利用する人はテントを持っていくことになりますが、場所によって区画サイズが異なるので公式サイトでご確認ください。

また、組み立て用のハンマーや下に敷くシート、ランタンや寝袋等も忘れずに。

 

テントサイト利用者はライブだけでなくBBQなどを楽しめます。本格的にキャンプをしたい人はクーラーボックスがあると便利ですね。

クーラーボックスとまではいかなくとも、折り畳み可能な保冷バッグはあると便利です。

 

レジャーシート

テントサイトを利用しない人の拠点は基本的にレジャーシートになります。

レジャーシートにはお金を惜しまない方がいいです。テントがない人にとっての唯一の拠点であり、ライジングの場合は一夜を明かすところになりますからね。

選ぶ基準は①折り畳みできるもの②防水加工のもの③大きなものです。特に③は大切で、足を思い切り伸ばせるかどうかで疲労度が大きく変わってきます。

 

ライブをがっつり見る人には不要ですが、寝袋があると体が休まるのでおすすめです。防寒としても便利。

 

折り畳みの椅子

テントサイトを利用しない人のもうひとつの拠点は折り畳み椅子です。ここ数年、私はレジャーシート+椅子で参戦しています。

椅子は少しお金をかけてでも絶対にリクライニング可能なものにしましょう。リクライニングできるかどうかで体の疲労度が大きく変わってきます

椅子を固定する道具も忘れずに持っていきましょう。風が強いので簡単に飛ばされてしまいます。

その他

生理用品

生々しい話ですが、生理が近い女性は忘れないように注意してください。

ティッシュ等

特にウェットティッシュはあると便利です。野外フェスは汗や泥でひどいことになりますから、衛生面であった方がいいです。

また、汗ふきシートや冷えピタがあると、疲れた体をチルアウトさせるのにいいですよ。

虫よけスプレー

スプレー型の商品だけでなく、最近はリング型の商品も充実していますね。リング型の商品は荷物軽減になるのでおすすめです。

 

日焼け止め

日焼けが気になる人は忘れずに持っていきましょう。

塩分補給アイテム

私は熱中症対策に必ず下のアイテムを持って行っています。

ライジングは地下鉄麻生駅からバスで行く人が多いのですが、ライジング当日の麻生駅のイオンはこの手の商品が速攻で売り切れるため、事前に準備しておいた方がいいです。

予備の眼鏡(コンタクトレンズ)

私は昨年眼鏡がぶっ壊れて痛い目を見たので、予備を必ず持っていきましょう。

懐中電灯

夜は真っ暗になるのであると便利です。なければ携帯のアプリを使うといいですよ。

サイリューム

f:id:yasupiro0721:20170425213114j:plain

100均のやつでいいです。腕に巻いておくと仲間を見つけやすかったり、リュックにつけておくと拠点の目印になるので意外と便利ですよ。

常備薬がある人は忘れないようにしましょう。また、紫外線は目にダメージを与えるため目薬もあるといいです。

備えあれば患いなし。絆創膏も用意するといいでしょう。

扇子・うちわ

グッズ売り場などで炎天下のもと長時間並ぶ可能性があるので、あると便利です。

トイレ対策

特に女性の方は注意なのですが、野外フェスのトイレは簡易的でとても汚いものが多いです。本当にもうめちゃくちゃ汚いです。

神経質な方はおしりふきや携帯ウォシュレットがあると便利です。

 

飲みもの

私はせっかくなら現地で飲みものを買う派ですが、会場で買うと通常より高くつくので、凍らせたペットボトルなどを数本持っていくのもいいでしょう。

ただし、フェスによっては飲食物の持ち込みが禁止されているので注意が必要です。例えばライジングの場合、瓶や缶類の持ち込みは禁止となっています。

 

まとめ

f:id:yasupiro0721:20170426201522p:plain

この記事を参考に、ぜひ楽しい夏フェスを過ごしてください。

ライジングに行く人はこちらの記事もぜひ!

フェスに行くような邦ロック好きはこちらの記事も見てください!

 

以上「夏フェスに必要な持ち物!あると便利なもの!ファッションはこれでOKだ!」でした!

また会いましょう。おわり。