読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライジングサン2017全出場アーティストの代表曲などまとめ!【随時更新】

f:id:yasupiro0721:20170412212005p:plain

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017(以下、ライジングサン)の第1弾出場アーティストが発表されましたね。

フェスの醍醐味のひとつに「ラインナップを眺めてどのアーティストを見にいくか考える」ことがあると思いますが、その手助けになるよう、全出場アーティストの代表曲をまとめておきます。予習などにお使いください。

流石にすべての出場アーティストについて詳しいわけではないので、たまに的外れな曲を貼っていることもあるかもしれませんが、ご容赦ください。

また、私による各バンドの「めちゃくちゃ簡単な」説明も加えていますが、これはおまけみたいなもので、音楽はあくまで「音で判断する」ものですから、興味がなければ説明文は読み飛ばしてもらっても構いません。どうしても私の好みが文章に表れてしまいますので。

「目次」を置いているので、気になるアーティストだけでも見ていってください。

※新しいアーティスト発表がある度に記事を更新します。

※紹介順は発表された順です。

 

打首獄門同好会

2年前にdefgarageに出演したバンドですが、たった2年で武道館公演を行うバンドへと成長しました。

「らーめん二郎」などを題材としたコミカルな曲たちをやばすぎる演奏技術で奏でるライブバンドです。ラウドロックで暴れ倒したい人はぜひ見にいきましょう。めちゃくちゃかっこいいです。

 

H ZETTRIO

東京事変の第1期ピアニストのヒイズミ マサユ機率いるピアノ・トリオバンドです。

動画を見ていただければ分かりますが、ピアノと言っても上品で退屈なタイプの音楽ではなく、アグレッシブで奇想天外なライブパフォーマンスが持ち味です。生で見たら絶対に圧倒されますね。

 

OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND

アコースティック・バンド。ちょっとケルト音楽っぽいですね。

これはBOHEMIAN GARDENでゆったり見たいですね。

 

勝手にしやがれ

ジャズバンド。ドラムボーカルがかっこいい!

ジャズのお洒落さとロックの泥臭さのバランスがいいですね。音はお洒落なのに声がパンキッシュなところがこのバンドの個性ですね。

 

go!go!vanilas

若手バンド。最近すごく売れてますね。

正直はじめて聞いたのですが、いかにも最近の売れ線バンドっぽいポップさもありながら、オールディーズ感が強いところが好きです。THE BAWDIESをより日本的にするとこういう感じになるのかな。と思いました。

 

Suchmos

今日本で1番勢いのあるバンドではないでしょうか。昨年はRED STARで見ましたが、今年はSUNSTAGEでやってもおかしくありませんね。

まだ聞いたことがない人はとりあえず「STAY TUNE」を聞いてましょう。CMで聞いたことがあるはずです。

 

John John Festival

アイリッシュ音楽を奏でるバンド。

いいですね~。癒されます。北海道の広い大地とこの音楽とビールの組み合わせは絶対に最高です!

 

D.A.N

このバンドは世界で戦えると思う。

脱力感の強いメロウでミニマルなサウンドが持ち味ですが、クラブミュージックっぽい「動的」な音楽でもあるので、めちゃくちゃ気持ちよくノれると思います。

ぜひ2日目の深夜に見たいですね。

 

手嶌葵

ゲド戦記の「テルーの唄」で有名な手嶌さん。イノセンスな歌声ですね。

動画の曲は「明日への手紙」。『いつかきっとこの恋を思い出して泣いてしまう』の主題歌です。

 

10-FEET

一昨年のトリをつとめたバンドだけにその実力は保証済み。

熱いメロコアで夏を盛り上げてくれるでしょう。

 

Nothing's Carved In Stone

ELLEGARDENのギター生形、ストレイテナーのベース日向などで結成されたバンド。

ずるいよね。演奏うますぎ。こんなの売れるに決まってるし、絶対に盛り上がります。

 

never young beach

いわゆるネオシティ・ポップを代表するバンドの1つ。昼間の太陽が昇っている時間帯にゆらゆら見たら気持ちいいだろうなぁ。

ギタボが俳優の高橋一生の弟ということでも話題になりました。というか、いつの間にこんなに売れていたんだ。。。

 

B'z

まさかのライジングサンにB'z!!!!

とにかく「ウルトラソウルっ!!!」をフェスでしたいですね。 

 

フジファブリック

1番好きな代表曲は「若者のすべて」なのですが、志村亡き後の曲を紹介したほうがいいと思うので、『モテキ』の主題歌「夜明けのBEAT」をどうぞ。

 

ぼくのりりっくのぼうよみ

17歳にしてメジャーデビューを果たしたラッパー。米津玄師と同じく動画サイトから出てきたアーティスト。これが新しい時代のスタンダードな売れ方になるのかもしれない。

ライブの実力は未知数です。

 

マキシマム ザ ホルモン

マキシマムザホルモン久しく見てないなぁ。と思ったら、ライジングサンは4年ぶりとのことです。最近のトリを務めるバンドの傾向を見ていると、まさかのトリ「マキシマムザホルモン」があるのではないかと思ってますw

 

ユニコーン

説明不要でしょう。奥田民生のいるバンドです。

 

WANIMA

めちゃくちゃ売れてますね。新しいことは何ひとつやっていなくて、日本の王道メロコアをそのままやっているだけなのですが、おっさん達じゃなく若い層にウケているという奇跡。すごい。

ネガティブな人を殺しかねないくらいのポジティブオーラと夏フェスの相性は最高でしょうね。

 

ということで

ぜひこの記事をライジングサンの予習に使ってあげてください。

新しいアーティストが発表されるたびに記事を更新しますので、ブックマークしていただけると読み返しやすいと思います!

ライジングに行く人は下の記事で必要な持ち物もチェックしてください!

また、フェスに行くような邦ロック好きはこちらの記事もおすすめです!


以上、「ライジングサン2017全出場アーティストの代表曲などまとめ!【随時更新】」でした!また会いましょう!

おわり。