大谷の年俸は本当に中田翔の年俸に比べて安すぎるのか!?




どうも。日ハム芸人やすぴろです。

日本ハムファイターズの契約更改がすべて終わりましたね。

その中でも、やはり話題度が高いのは大谷選手の年俸。大谷の年俸に対する反応は、概ね「安すぎる」というものが多い印象です。特に、日ハム不動の4番打者「中田翔」の年俸と比べて「安すぎる」と感じている人が多いようです。

しかし、本当に大谷の年俸は中田の年俸に比べて「安すぎる」のか。

今回は、大谷の年俸に対する野球ファンの反応を紹介しながら、それに対して自分の感想を述べていきたいと思う。




大谷の年俸




大谷の年俸は2億7000万円(推定)でした。昨年は2億ですので、7000万円増です。

参考までに、昨年と今年の成績は以下です。まずは投手成績です。

2015年→22試合160回、15勝5敗、防御率2.24

2016年→21試合140回、10勝4敗、防御率1.86

次に、打撃成績です。

2015年→70試合119打席、打率.202、5本、17打点

2016年→104試合382打席、打率.322、22本、65打点

化け物かな!?

比べてみると、投手としては防御率を除いて昨年を下回る成績、打者としては昨年を圧倒的に上回る成績となりました。

ちなみに、高卒5年目で2億7000千万円は、ダルビッシュ有と並ぶ史上最高額です。

ということで、ダルビッシュの4年目と5年目の成績も参考に載せておきます。

4年目→25試合200回、16勝4敗、防御率1.88

5年目→23試合182回、15勝5敗、防御率1.73

化け物かな!?

2人の年俸の上がり方を比べると、こんな感じです。



大谷の年俸に対する意見

野球ファンの大谷の年俸に対する意見をまとめます。

「安すぎりだろ!」という意見が多いようです。

「安すぎるだろ!」派の意見







極端な例だと「5億」という額もありますが、みなさん概ね「少なくとも3億はもらうべきだ」と考えているようで、それには僕も賛成です。

そして、なにより多かった反応が「中田翔より安いのはありえない!」というもの。大谷の年俸が「安い」と考えている人の半分くらいが、中田の年俸についても言及していました。

ちなみに、中田の年俸は2億8000万円です。

これについては思うところがあるので、後に僕の感想を書きます。

さて、次は少数派の「妥当派」の意見を見ていきましょう。

「妥当派」の意見




「妥当派」は、怪我(マメ)もあって大谷が投手として貯金をあまり作れなかったこと、規定投球回、打席数に達していないことを理由に挙げている人が多いです。

また、「妥当派」は「2刀流として査定する」というより、「投手、野手それぞれで査定し、合算する」方法をとっている人が多いと思いました。

2刀流の年俸査定なんて、前例がないですからね、、、。どのように査定するべきか、日ハムも大いに頭を悩ませたことでしょう。

大谷の年俸に対する僕の感想

はじめ2億7000千万円と知ったときの率直な感想は、「あれ?3億いかないの?やっす!」でした。

でも、「2億7000千万はあまりにも安すぎる!」「5億でもいい!」という意見を見ると、「いや、そこまで安すぎる数字でもないでしょ」と思います。

投手としては、10勝4敗(貯金6)で2億円は十分すぎる額だと思います。しかし、彼の場合はそれを2刀流をやりながら成し遂げているわけですから、若干の増額はあって当然です。そう考えると、投手としては2000万~5000万くらいの上り幅が妥当かなと思います。

打者としては、確かに素晴らしすぎる成績を残しました。しかし、忘れてはならないのは、大谷は昨年、打者として大した成績を残していないということです。つまり、打者として大活躍したのは、今年がはじめてなのです。

どんな選手だって、はじめの1年の活躍で爆発的に年俸が上がることは稀です。来季も打者として同じような成績を残すことができれば爆発的に上がってもいいと思いますが、今年に関しては5000万~8000万くらいの上り幅が妥当だと思います。

それに「日本一」「タイトル料」「球団の顔」であること等を踏まえると、年俸3億~3億5000万くらいが妥当だったのかな。というのが僕の感想です。

ただ、おそらく大谷本人にとっては単純な年俸の額よりも、2刀流という起用法を続けてくれることや、来季以降のポスティング容認の方が大きい話なのだと思います。それを踏まえると、他人の目から見ると「安すぎる」契約更改になったかもしれませんが、大谷本人にとっては「満足な」契約更改になったのではないでしょうか。

大谷が今後稼ぐであろう金額を考えると、いまの1億や2億なんて小さいお金ですしね、、、。言ってて悲しくなりますけど。

中田の年俸は高すぎるのか?

大谷の年俸については「若干安い」というのが僕の感想ですが、中田の年俸については、みんなが言うほど高いとは思いません。むしろ、妥当だと思います。

確かに、単年で見ると中田の成績はそれほどではないのかもしれません。大谷や筒香、山田哲人などに比べると、1周りも2周りもランクが落ちる選手であることは確かです。

しかし、中田は毎年コンスタントに安定した成績を残しています。ここ5年の成績と年俸は以下です。

2012→144試合、打率.239、24本、77点、4500万

2013→108試合、打率.305、28本、73点、8500万

2014→144試合、打率.269、27本、100点(打点王)、1億5000万

2015→143試合、打率.263、30本、102点、2億

2016→141試合、打率.250、25本、110点(打点王)、2億4500万

どうでしょう?中田は確かにシーズン中のムラは大きいですが、1年通してみると、安定して25本100打点が見込める計算しやすい選手なんですよね。ちなみに、現在3年連続100打点あげているのって、中田だけですからね。

これを言うと、「日ハムは1~3番の出塁率が高いだけ」という反論が必ず出ますが、3年間ほぼ休まずに4番に居続けたっていうのは、それだけでチームに安定感をもたらしたと思いますし、年俸が上がるに足りる理由だと思いますよ。日ハムが査定で重視するのは、「試合数」だと言われてますからね。逆に言うと、怪我には大変厳しい球団というわけですが。

また、見落としがちですが、中田は見た目に反してトップレベルの守備力も誇ってますからね。

チームの顔であり、来年FAを控えていることも踏まえると、年俸2億8000万円は妥当だと思います。

まとめ

僕の思うところをまとめると、「大谷の年俸は若干低いが、騒ぎたてるほど低くはない。中田の年俸は妥当」といったところでしょうか。



正直、僕は中田のファンではありませんし、むしろシーズン中はイライラさせられっぱなしでした。が、今回の「大谷年俸騒動」で引き合いにだされて不当に叩かれるのは可哀想だなー、という気持ちです。

というより、中田が2億8000万で大谷が2億7000万だと、2人の年俸を比べてくださいと言っているようなものです。大谷の年俸を中田よりぎりぎり抑えたのが、中田を配慮しての結果なのかどうかは分かりません。が、本当に中田に配慮するなら、むしろ中田より大谷の年俸を高くすべきだったと思います。中田の発言を聞いていると、大谷の実力は誰よりも分かっているし、勝てるとは思っていなそうですしね。

「推定」なので、本当は大谷のほうがもらっている可能性も0ではありませんが。

僕の感想は以上です。

おまけ~野球見るならスポナビライブ!~

f:id:yasupiro0721:20170429171845p:plain

おまけとして、野球ファンのみなさまにおすすめのサービスを紹介します。

「スポナビライブ」は月額1,480円で巨人・広島主催試合を除く10球団のすべての試合のほか、海外サッカー、テニス、バスケなどの配信を楽しむことができるサービスです(ソフトバンクユーザーは月額980円!)。

興味がある方は下の記事で詳しく書いているのでぜひご覧ください。

野球見るなら?スポナビライブ、スカパー、パ・リーグTVなどを徹底比較!

野球ファンにはたまらないサービスですよ。

また、以下のように日ハム関連の記事をたくさん書いているので、気になったものはいっしょに見ていってください!

増井→【日ハム】増井浩俊は抑えをやめて早急に先発に戻りなさい!

中田翔→WBC】中田翔の短期決戦の通算成績がやばいwwww

大谷翔平→大谷の年俸は本当に中田翔の年俸に比べて安すぎるのか!?

中島卓也→野球】日ハムの中島卓也はどんな選手?経歴・成績・彼女など!

近藤健介→日ハム近藤健介の打率がやばいwwwプロ入り後の成績などを徹底解説!

陽→野球】陽岱鋼のFAは実質戦力外!?日ハムはドライすぎるのか!?

杉谷→野球】とんねるずのリアル野球盤に出てる杉谷拳士とは!?徹底解析!

栗山監督→【祝・日本一】日本ハムファイターズの優勝は名将栗山監督のおかげだ!

また会いましょう!おわりっ!

【スポンサーリンク】