miwaが歌う『君と100回目の恋』主題歌「アイオクリ」はパクリ!?楽曲提供はandrop!!




パクった。パクられた。音楽界でよくある騒動の1つだ。

なにやら、シンガーソングライターmiwaが結成したバンド”The STROBOSCORP”の曲「アイオクリ」が、”nano.RIPE”というバンドの曲「影踏み」にそっくりらしいのだ。

当然、パクったパクられたで騒動になっているのだが、「アイオクリ」の楽曲提供者が”androp”というバンドの内澤(Vo&Gt)らしく、3者のファンが言い争い、騒動は泥沼化している。

僕はこれら3つのアーティストすべてを知っているが、特段ファンでもアンチでもないので、中立の立場として冷静に騒動をまとめ、最後に所感を書きたいと思う。

※念のため記事の前半で3つのアーティストについて紹介していますが、パクリ騒動だけ知りたい方は、『パクリ「アイオクリ」→パクられ「影踏み」比較』まで飛んでOKです。




パクリ元とされる「The STROBOSCORP」とは

The STROBOSCORPは映画『君と100回目の恋』のために作られたバンドだ。

メンバーにmiwaのほかに俳優の坂口健太郎がいる。当然だが坂口健太郎は作曲に一切関わっていないので、パクリとは関係ない。

パクリ元とされる「アイオクリ」はこのバンドの曲で、『君と100回目の恋』の主題歌となっている。

念のため、映画の公式サイトも貼っておきます。

映画「君と100回目の恋」公式サイト

楽曲提供者andropとは

楽曲提供者は日本のロックバンド”androp”の内澤(Vo&Gt)。andropはドラマのタイアップ曲もあるし、ミュージックステーションにも出演したことがある人気バンドなので、知らずに聞いたことがある人も多いと思う。

有名な曲は、ドラマ『Woman』の主題歌になった「Voice」(だと思う)。

androp「Voice」(from 3rd single “Voice” ) ドラマ「woman」主題歌 – YouTube

パクられ元とされる「nano.RIPE」とは

日本のロックバンド。2004年から活動開始し、2010年にメジャデビューした。

andropに比べると知名度は落ちるが、2011年にアニメ『花咲くいろは』のOPテーマに「ハナノイロ」がタイアップされるなど、徐々に知名度を上げている。勢力的なライブ活動もあり、ファンの人気が根強いバンドだ。

nano.RIPE「ハナノイロ」PV Full size(TVアニメ『花咲くいろは』OP主題歌) – YouTube

パクられ元とされる曲「影踏み」は劇場版『花咲くいろは』のテーマ曲でもある。

パクリ「アイオクリ」→パクられ「影踏み」比較

さて、まずは「アイオクリ」と「影踏み」の聞き比べをしてみましょう。似ているとされているのはサビの部分です。

まずは「アイオクリ」からどうぞ。(※サビは50秒~)

次に「影踏み」です。(※サビは0秒~)


いかがでしたでしょうか。

正直、僕がはじめて聞いた感想は「はい!アウト~~~!!!」でした。

パクリパクられ騒動は昔からいろいろありますが、ここまでメロディが全く同じだったことはなかなかないと思います。しかも、それがmiwaという有名アーティストが歌う曲で、映画の主題歌にまでなっているのだから、騒動になるのも頷けます。楽曲提供者も有名バンドですしね。

他にも似ている曲がいっぱいある!?

「アイオクリ」は「影踏み」のパクリ決定です。miwaとandrop内澤はごめんなさいしましょう。

で終われば簡単な話だったのですが、騒動はこれで終わりません。

なにやら、「アイオクリ」に似ている曲はいっぱいあるようなのです。

僕のTwitterにも「似てる曲はいっぱいあるのに、なんで今回の件だけ騒動にするんですか!?」と怒りのリプライがやってきました(おそらくandropのファンから)。

どうやら以下の曲たちがそうみたいなので、聞いてみましょう。


(※リプライ送ってきたアカウントとは関係ありません)

これを聞いた素直な感想は

「これもうわかんねえな」

でした。こんなに似てる曲がたくさんあるって、もうわけわからん。正直この中でも「アイオクリ」と「影踏み」が圧倒的に似ていると思いましたが(声質も似ているし、歌いだしの歌詞まで同じだからね)、ほかの曲も似ていることには変わりありません。

失礼な言い方かもしれませんが、miwa、nano.RIPE、andropどれのファンでもない僕としては、パクリパクられに対する怒りとかではなく、「面白いなぁ」って思ってしまいました。

意図的(悪意的)に似せてるのか偶然なのかは分かりませんが、こんなに使いまわされてるメロディーってあるもんなんですね。面白いです。

所感(まとめ)

ただ、他に似てる曲があってもnano.RIPEのファンの怒りが収まらないのは当然だと思うし、「他にも似てる曲がたくさんあるのに、今回の件だけ騒動にするって、nano.RIPEのファンって民度低すぎるwww」みたいに煽るのは絶対に間違っていると思います(実際にしている人がいます)。そんなことをするとmiwaやandropに対するイメージが悪化するだけなので止めましょう。

「アイオクリ」は有名なmiwaが歌っていますし、映画の主題歌にもなっていますし、ミュージックステーションでも披露されています。つまり、他に比べて圧倒的に知名度が高いんです。標的になってしまったのは当然です。

それに、nano.RIPEのファンが似ている曲すべてを把握するのも無理な話でしょう。多くのファンはTVなどでたまたま「アイオクリ」を聞いて直感的に「これ影踏みのパクリじゃん!」ってなったと思うんです。それで「パクってんじゃねーよ!」と怒りのツイートをする。これが自然な流れです。ツイートする前に「他に似た曲があるか調べてみよう」とはふつうならないですよね。

ここまで似た曲がたくさんあるとなると、パクリパクられの真偽(意図的か否か)については分かりませんが、「パクリだ!」と非難されて仕方がないレベルで似ていることは間違いないですよね。「他にも似てる曲あるじゃん!だからパクリじゃない!」って主張しているmiwaやandropのファンだって、これが逆だったら100%「パクリじゃん!」って騒いでいたと思いますよ。

どこのファンでもない僕の所感をまとめると、以下です。miwaはandropと置き換えて読んでいただいて構いません。

「miwaや曲の知名度を考えると、彼女が標的になってしまったのは仕方がない。似てる曲がたくさんあるのに標的にされたmiwaファンの悔しい気持ちもちょっと分かるが、だからといって過度に火消しを行ったりnano.RIPEのファンに敵意を向けたところで印象が悪くなるばかりなので、騒ぎが過ぎるまでじっとしていましょう。

曲があまりに似すぎてしまっていることは事実で、少なくとも「アイオクリ」と「影踏み」の2曲だけを比べたとき、「影踏み」が先にリリースされたことは間違いないのだから。悔しい気持ちは、nano.RIPEファンも同じです。

ただ、miwaの他の曲まで馬鹿にするのは間違っているのでやめましょう。

こんな感じですかね。

というより、純粋な音楽ファンとしては似ている曲がこんなにたくさんあることが興味深くて堪りませんでしたけどね。みんなもそうやって処理できれば楽なんでしょうけど、ファン心理だとなかなか割り切れないですよね。

この記事投稿したら、ファンから怒りのツイートが飛んでくるんだろうなぁ。みんなもっとフラットな気持ちで音楽だけ聞けばいいのに。

参照記事

念のため、この記事を書こうと思ったきっかけになった記事を貼っておきます。

※上の記事は、完全にnano.RIPEファンの立場として書かれたもの(だと思います)。

おわり。

関連記事


【スポンサーリンク】













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です