【日ハム】増井浩俊は抑えをやめて早急に先発に戻りなさい!

f:id:yasupiro0721:20170606213225j:plain

日本ハムファイターズの"増井浩俊"投手の試合後のコメントが話題になっています。

抑えとして登板し、先頭打者から3者連続四球を与え逆転負けを許した試合後、「体が言うことを聞かなかった」とコメントしたのです。

このコメントをきっかけに、溜まりに溜まっていた日ハムファンの増井へのヘイトが爆発します。

そして、私もいい加減我慢できなくなりました。

このブログでは日ハムの選手を取り上げた記事をよく書きますが、こんなに「怒り」を込めた記事を書くのははじめてかもしれません。

日ハムファンが増井に怒っている最大の理由は「チーム事情を顧みず、自ら抑えを志願しているくせに打たれている」という点にあるので、増井が抑えから先発に転向した過去などを踏まえながら記事を書いていきます。

 

2015年までの成績

まず始めに言うと、増井はとても良い投手なんです。

これまでの成績をご覧をなればそのことがよく分かると思います。

f:id:yasupiro0721:20170606201431p:plain

プロ2年目の2011年からセットアッパーとして大活躍し、2015年には抑えとして39セーブをあげて防御率1点台を残しています。まさに「守護神」と呼ぶにふさわしい成績でしょう。

また、2015年に第1回WBSCプレミア12、2017年に第4回WBCの日本代表メンバーに選ばれています。

 

2016年~抑えから先発への転向~

2015年に「守護神」として大活躍した増井は、2016年も抑え投手として開幕を迎えます。

しかし、2016年の増井の抑えとしての出来は最悪でした。「憎井」なんて蔑称をつけらてしまうくらいには打たれまくりました。

そんな2016年の増井の成績は以下です。

f:id:yasupiro0721:20170606202744p:plain

夏場まで抑えとして登板し、防御率"6.30"という最悪な成績を残した増井は、栗山監督から、シーズン途中での抑えから先発への転向を言い渡されます。

シーズンの途中に抑えが先発に転向することは滅多にありません。最近の例で言うと増井と、現在巨人にいる山口選手(当時DeNA)くらいでしょうか。

しかし、先発にまわった増井は息を吹き返したかのような大活躍を続けます。

9試合に登板し、7勝1敗1.18、しかも内2回で完投、1回で完封というまさに神成績を残しました。

2017年の日ハム大逆転優勝劇は先発増井がいなければ絶対にありえませんでした。まさに、先発増井は優勝への最後のピースだったのです。

ちなみに、10勝10セーブ達成は2000年の小林雅英(当時ロッテ)以来の快挙です。

 

2017年~抑え志願~

先発として神成績を残した増井ですが、2017年シーズン、あろうことか彼は抑えを志願しました。

彼の「抑え」「ストッパー」としてのこだわりは非常に強く、栗山監督も彼の熱意に折れ、2017年は再び抑えとして開幕を迎えます。

しかし、「抑え増井」に不安を覚えた日ハムファンは私だけではないでしょう。去年の前半戦の「憎井」状態の増井を知っているだけに、私は不安で不安でたまりませんでした。

そんな増井の現在のところの成績は以下です。

f:id:yasupiro0721:20170606203934p:plain

数字だけ見れば、そこまで悪い成績ではないかもしれません。

しかし、数字以上に印象は悪いです。ここまで試合をご覧になっている方は分かると思いますが、ぎりぎり0点で抑えているだけで、毎回のようにランナーを出しており、「安心できる抑え」では決してありませんでした。

なので、冒頭で説明した3者連続四球の試合を見ている最中も、「まぁ、いつかやると思っていたよ。いままでラッキーで抑えていただけだし」という感じでした。

 

チーム事情を顧みない抑え志願

これで増井へのヘイトが爆発したわけですが、増井が異様に憎まれているのは「打たれているから」ではありません。

「チーム事情を顧みず自ら抑えを志願したくせに打たれている」から憎まれているのです。

今シーズンの日ハムの先発事情は大変厳しいことになっています。大谷が怪我でいない今、2016年先発増井を待ち望んでいるファンは多いことでしょう。

それは首脳陣も同じで、栗山監督も当初は「先発増井、抑えマーティン」という構想で2017年シーズンを勝ち抜く予定でした。

それなのに、チーム事情を無視してまで抑えに志願した結果がこのざまです。

チーム事情を無視してまで抑えに志願した結果の言い訳が「体が動かなかった」では、ファンが激怒するのは当然でしょう。

 

守護神マーティンが使えない

もちろん、チームに抑えになるべき投手がいないなら抑え増井も仕方がないのかもしれません。

しかし、日ハムにはマーティンという守護神がいます。

彼の成績は以下です。

f:id:yasupiro0721:20170606205426p:plain

2015年抑え増井の成績も素晴らしかったですが、マーティンの成績はそれ以上です。

事実、2016年は増井を先発に転向し、マーティンを抑えに配置することで歯車が回りました。この配置転換がなければ絶対に優勝はなかったと断言できます。

しかし、そんなマーティンは現在、増井が抑えを志願したおかげでクローザーとなっています。

私が増井を恨んでいる理由の1つはここです。増井のわがままのせいで、守護人であるべき成績を残しているマーティンを抑えとして起用できないのです。これがチームに与えるダメージは相当大きいと思います。

増井には申し訳ありませんが、マーティンが抑えとして登板したときは「もう勝ちだな」という感覚がありましたが、抑え増井にはそれが全くありません。「あぁ、最後にもう一波乱待っているのか」とうんざりしてしまいます。

そして、それは相手チームのファンからしても同じでしょう。抑えマーティンなら「もう負けだな」と思ってもらえるかもしれませんが、増井では「最後にチャンスがあるかも」と思われてしまうでしょう。

そう思わせてしまう時点で、増井はマーティンより下なんです。「投手」としてはわかりませんが、少なくとも抑えとしては確実に下です。

なにより、マーティンの心境が気になります。私がマーティンなら、「日ハムは実力のある外国人より、チームに長くいた日本人を贔屓する球団なのだな」と考えてしまうかもしれません。

 

「プロ」野球選手なのだから

増井は趣味で野球をやっているわけではありません。球団から大金をもらってプレイしている「プロ」野球選手です。

もちろん、彼に抑えとしてのこだわりがあることは分かりますし、下の画像をご覧いただければ分かるように、彼にとって先発投手は相当「面白くない」ようです。

f:id:yasupiro0721:20170606214328j:plain

しかし、球団から雇われている投手ならば、大金をもらっているならば、ファンのことを想うならば、必要とされているポジションで活躍してくれよ!と思わざるを得ません。

メジャーという野球漫画の中で「プロになった以上、お前が投げるボールはお前だけのものじゃないんだぞ」というセリフがありますが、このセリフを増井に浴びさせたい気分です。

厳しい先発事情に穴をあけ、守護神マーティンをクローザーに回してまで抑え増井を志願したくせにこの体たらくで、挙句の果てに「体が言うことをきかなかった」などという子供じみた言い訳をする増井には、怒りを覚えざるをえませんね。

「体が言うこときかない」ような人が抑えを志願してはいけないでしょう。それにしても、増井だけに麻酔にでも打たれたような情けないコメントですね。

「先発をやってくれ」という球団からの言うことを聞かないだけでなく、体まで言うことをきかないだなんて、なんかもう、言葉もありませんよ。

 

まとめ

この際はっきり言いますが、増井が先発として投げるのを「面白くない」と思っているのと同様に、私は「抑え増井を見るのを面白くない」と思っています。

そして、そう思っている日ハムファンは少なくないはずです。

増井にはそこら辺を理解してただいて、ぜひ先発へ再転向してほしいところです。

厳しいことばかり書きましたが、増井が良い投手であることを知っているからこそなのです。何度も書きましたが、2016年の優勝は先発増井なくしては絶対にありえなかった。

同じように、低迷する2017年の日ハムの浮上も、先発増井なくしてはありえません。この後もチームより増井のわがままを優先し、抑え増井を許すような心持ちなら、日ハムはこのままBクラス確定だろうなと思います。

増井さん。先発増井を心待ちにしているファンがたくさんいることを忘れないでくださいね。

最後にマーティン(のbot)から増井に一言。

 

【関連記事】

以下のように日ハム関連の記事をたくさん書いているので、気になったものはいっしょに見ていってください!

近藤健介→日ハム近藤健介の打率がやばいwwwプロ入り後の成績などを徹底解説!

中田翔→WBC】中田翔の短期決戦の通算成績がやばいwwww

大谷翔平→大谷の年俸は本当に中田翔の年俸に比べて安すぎるのか!?

中島卓也→野球】日ハムの中島卓也はどんな選手?経歴・成績・彼女など!

陽→野球】陽岱鋼のFAは実質戦力外!?日ハムはドライすぎるのか!?

杉谷→野球】とんねるずのリアル野球盤に出てる杉谷拳士とは!?徹底解析!

栗山監督→【祝・日本一】日本ハムファイターズの優勝は名将栗山監督のおかげだ!

おまけ~野球見るならスポナビライブ!~

f:id:yasupiro0721:20170429171845p:plain

おまけとして、野球ファンのみなさまにおすすめのサービスを紹介します。

「スポナビライブ」は月額1,480円で巨人・広島主催試合を除く10球団のすべての試合のほか、海外サッカー、テニス、バスケなどの配信を楽しむことができるサービスです(ソフトバンクユーザーは月額980円!)。

興味がある方は下の記事で詳しく書いているのでぜひご覧ください。

野球ファンにはたまらないサービスですよっ!