喧嘩しないカップルや夫婦でいるためのコツを教えます

f:id:yasupiro0721:20170105172102j:plain

どうも。愛妻家ブロガーやすぴろです。

みなさん、パートナーとの関係はいかがでしょうか?喧嘩したりしていませんか?

僕の場合、妻とは5年近い付き合いになりますが、ほとんど喧嘩したことがありません。もちろん、些細な喧嘩なら数回ありますが、すべてその日のうちに仲直りし、その後イチャイチャしています。大声で怒鳴ったりとか、掴みあいになる喧嘩は、今後もちょっと想像できません。

今回は、僕の人生経験から掴んだ、喧嘩しないコツといいますか、喧嘩したときに持っていてほしいマインド(考え方)を紹介したいと思います。正確には、「たとえ喧嘩しても、泥沼化しないコツ」ですね。

それでは、どうぞ。

「好きかどうか」自問自答する

まず、喧嘩したとき、原点に立ち返って「この人が好きだろうか」と自問自答してください。

なぜこんなことを考えるかというと、原因に先立って、この人と「喧嘩したい」という目的のために喧嘩している可能性があるからです。そんなことをする理由は、喧嘩することで何かを成し遂げたいからです。心の奥底では相手のことがもう好きでなく、相手から別れ話を切り出してほしい場合や、相手を自分の思い通りにしたい場合などが考えられます。

これが常態化している場合は、深刻です。相手と別の人生を歩むことを視野に入れ、冷静に話し合ってください。自問自答した結果「実は相手のことがもう好きではない」場合は、そもそも仲良くする意味があるかどうかも疑問なため、この記事ではこれ以上は触れません。

自問自答した結果、「僕は相手のことが好きだ」となった場合は、簡単です。好きなのだから、仲直りしましょう。だって、好きなんでしょ?喧嘩なんてしてないで、話し合って、仲直りして、イチャイチャしましょうよ。その方がハッピーでしょ?

とはいえ、これだけでは説明不足だと思うので、「好きだった場合」について、もう少し掘り下げます。

 

 

明確な悪者がいるか考える

喧嘩には、2種類あると思っています。

ひとつは、「明確な悪者」がいる喧嘩。もうひとつは、悪者がいない喧嘩です。そして、世の健全なカップルの喧嘩の多くは、後者だと思っています。

喧嘩したとき、今回の喧嘩に「明確な悪者がいるかどうか」考えてください。例えば、夫が(暇なのに)全く家事をしないだとか、浮気を繰り返すとかであれば、よっぽどの事情がない限り、夫が「明確な悪者」でしょう。

こういう喧嘩の場合の対処法は、分かりやすい。誰の目に見ても明らかに片方に非がある場合は、その諸悪の根源を潰すしかないわけです。すなわち、対話して解決するか、関係を断つか、です。当然ですが、暴力はNGですよ。

さて、次から本題の「悪者がいない喧嘩」についてです。

 

 

争う必要のない喧嘩ではないか?

しかし、世の健全なカップルの喧嘩は、「明確な悪者」がいるような分かりやすいものは少ないでしょう。カップルの喧嘩の多くは、2人の複雑な関係性や感情が絡まって起こるものであり、誰の目に見ても明らかな「明確な悪者」は存在しないことが多いのです。そもそも、多くの喧嘩はお互いがお互いに非があると思って起きるものですからね。それぞれの「正義の旗」を振りかざして勃発する戦争と同じようなものです。

僕の人生則から、「明確な悪者」がいない喧嘩のパターン(つまり、ふつうの喧嘩)は、以下のどっちかにあてはまることが多いと思います。

①お互い好きだからこそ起こってしまう喧嘩

②不運ゆえに起こってしまう喧嘩

これら2つの喧嘩は、「争う必要のない喧嘩」だと思います。要するに、「さっさと仲直りしたほうが良い喧嘩」です。

喧嘩したとき、「この喧嘩は、もしかしたら争う必要のない喧嘩なのではないか」、と考えてください。はっきり言って、9割方争う必要のない喧嘩だと思います。

もう少し詳しく見ていきます。

 

 

お互い好きだからこそ起こってしまう喧嘩

このパターンは、付き合い始めによく起こります。要するに、嫉妬や束縛が原因で起こる喧嘩です。僕らの場合、いまはほとんどありませんが、付き合い始めはそれなりにありました。

これって、「相手のことが好きだから」起こる喧嘩なんですよね。喧嘩したとき、「相手のことが好きかどうか」自問自答すれば、それが分かるはずです。はっきり言って、要は「痴話喧嘩」の類なんですよ。

これに気づけば、もう楽勝です。好きで喧嘩してるなら、やめましょうよ。仲直りして、イチャイチャしましょうよ。言葉の暴力を浴びせるのはやめて、「好きだ」って言葉を浴びせましょうよ。それでハッピーでしょ?

ただ、嫉妬や束縛は非常に難しい問題なので、カップルによっては、喧嘩が泥沼化するかもしれません

ただ、これだけは言えるのですが、嫉妬や束縛は、相手に対する正の感情ではありません。猜疑心がベースにある、負の感情です。好き=信頼=束縛しない。こういう関係が、健全なカップル関係だと思います。

 

 

 

不運ゆえに起こってしまう喧嘩

このパターンの喧嘩は、本当に多いと思います。どちらかが悪いわけではないけど、些細なことがきっかけで起きちゃった喧嘩、ありません?単純に、お互い疲れていたとか。ほんと、結局世の喧嘩の9割はこのパターンだと思う。

このパターンの喧嘩だと気づいたら、僕の場合、口に出して言っちゃいます。「今日は不運なだけで、どっちかが悪いとかじゃないと思うから、お互いごめんなさいして、なかったことにしない?」って。喧嘩の規模や相手の性格によっては火に油を注ぐ可能性がありますが、僕らの場合はこれでほぼすべての喧嘩が解消します。

結局、お互い分かってるんですよ。お互い相手のことが本当に好きなら、どっちかが「明確な悪者」な思いやりのない喧嘩はほぼ発生しないってことを。喧嘩の原因はたいてい、「運が悪かった」とか「虫の居所が悪かったとか」その程度なんですよ。

だったら、維持をはらず、さっさと仲直りしましょうよ。だって、そんな不運に振り回されている時間がもったいないんですもん。そんなことに時間を費やすなら、僕は妻とイチャイチャすることに時間を使いたいと思いますね。

おわりっ!

☆関連記事