BUMP OF CHICKENのことが好き→嫌い→大好きという話




今回の話題はBUMP OF CHICKEN

みなさん、BUMPは好きですか?私はというと、それはもう大好きです。

ただ、1度嫌いになったことがありました。私はBUMPのことを「好き→嫌い→大好き」と辿っているわけですが、これが実は「あるある」だと思うのです。

今回はBUMPファンがBUMPを語るだけの記事なので、肩の力を抜いて読んでください。




好きになったきっかけ

BUMP好きのみなさんは、なにがきっかけでBUMPを好きになりましたか?

「彼女に振られたときにたまたまロストマンを聞いて号泣したから」みたいなエピソードがあれば面白かったのですが、正直、私はBUMPを好きになったカッコイイ理由を持ち合わせていません。

ただ、私が中学生だったころBUMPは『ユグドラシル』をリリースしたばかりのころで、まさに全盛期でした。

少し背伸びをしたがるタイプの少年たちは、テレビに出演している歌手の音楽を聞くのをやめて、BUMPを聞くようになりました。私はただのその一人だったというわけです。ありがちな話ですね。

好きだったころ

中学生という多感な時期と、私のすでに確立されていた内向的な性格にとって、BUMPの歌詞はとても刺激的でした。

出会いのアルバムでもあり、彼らの中で「最も暗いアルバム」である『ユグドラシル』は毎日のように聞いていました。周りの友達は「車輪の唄」や「スノースマイル」が好きな人が多かったですが、私は「乗車権」「ギルド」「レム」「太陽」「ロストマン」がお気に入りでした。

(ロストマン) 

恥ずかしい話ですが、「ギルド」の歌詞を紙に書いて飾ったりしていた記憶まであります。

でも、本当にそのくらい、当時BUMPは大流行していたのです。私と同じようなことをしていたちょっと暗い少年は、決して少なくなかったと思います。

振り返ると、当時はギターだとかベースだとかはよくわからず、歌と歌詞だけを聞いていたと思う。

嫌いだったころ

『orbital period』が発売したのは高校1年生のころだったと思う。このアルバムはタイムリーで買って聞きましたが、以前のような胸を締め付ける刺のない、優しい音楽になってしまったと落胆した記憶があります。

その後、自身が楽器を演奏し始めたり、色々な洋楽や、マニアックな邦楽ロックバンドを聴き漁るようになってから、BUMPは全く聞かなくなりました

はっきり言ってしまうと、洋楽を聞き始めたばかりの人が陥りがちな、「売れているバンドを否定したくなる」病気にかかっていたのでしょう。

高校2年生〜大学2年生くらいまで、BUMPは一切聞きませんでした。アルバムでいうと『COSMONAUT』はタイムリーでは聞いていません。

BUMP OF CHICKENとの再会

そんな私ですが、ある出来事をきっかけにBUMPと再会を果たすことになります。

大学3年生のとき、私は眠れない日々を過ごしていました。当時は少し精神を病んでいて、不眠症気味だったのです。

だから、寝るときはいつも音楽を聞いていました。音楽が精神安定剤の代わりだったのです。

しかし、何を聞いても、何をしても、全く眠れない日がありました。そのとき、私はなぜだか不意に「久々にBUMPでも聞いてみるか」と思いました。

当時使っていたiPodにBUMPは入っていなかったので、わざわざ中学生のときに使っていたMDプレーヤーを引っ張り出して聞きました。そこまでして聞こうと思った理由は、今となっても全くわかりません。

聞いたアルバムは、中学生のときにどハマりしていた『ユグドラシル』。何年ぶりに聞いたのでしょうか。

2曲目「オンリーロンリーグローリー」までは、「あぁ、懐かしいわ」程度で、まだ少し上から見下ろして聞いていたと思います。

しかし、大好きだった「ギルド」に差し掛かったあたりから、中学生のころに毎日聞いていた楽しい思い出や、現状抱えている不安などの諸々の感情がごちゃ混ぜになって、言葉では言い表せないような感覚に陥っていました。目頭が熱くなっていました。

でも、不思議なことに、高ぶる心とは反対に、瞼はどんどん重くなっていって、ゆっくりと私は眠りにつきました。曲が暖かかった。名曲だったのです。

こうして私はBUMPと再会を果たしました。また好きになったのです。

いえ、「大好き」になっていたのです。

今のBUMPもいいですよ

その後、私は過去のアルバムから最新のアルバムまでBUMPを聞きなおしました。

「色眼鏡」をはずして聞いたBUMPはとても素晴らしいバンドでした。

私と同じように、中学生のころにBUMPを聞いていて、その後聞かなくなってしまった人は多いと思います。

そういう人に伝えたいことは、「今のBUMPも素晴らしいから、もう1度色眼鏡をはずして聞いてごらんよ」。です。

例えば、上の曲は最近のBUMPの代表曲「ray」ですが、「音自体を楽しむ」クラブミュージックやエレクトロニカの要素と、「歌詞の物語性に浸る」BUMPの音楽性が良いバランスで混じった名曲だと思います。

打ち込みのハイハットの音と生のハイハットの音の重なり合いも面白いです。昔のBUMPでは出来なかった芸当です。

最新作『Butterflies』(2016)に収録されている「Hello,world !」なんかは、初期を彷彿とさせるギターロックですね。洗礼された「カルマ」のような曲です。「ハローどうも僕はここ」というフレーズの「藤原基央感」は異常だと思います。

紹介した曲はあくまで1部ですが、最近のBUMPはスタジアム寄りの音に近づいてみたり、エレクトロ・ポップの要素を取り入れてみたり、どんどん音楽性を深化させています。

最近のアルバムも佳作ばかりですので、ぜひまた聞いてみてほしいです。

まとめ

以上。BUMPファンによるBUMPを語るだけの記事でした!

この記事がきっかけでまたBUMPを聞き始める人が一人でも増えたら嬉しいですね。

邦楽ロックが好きな人はぜひ下の関連記事もご覧ください!

関連記事

おわり。


【スポンサーリンク】







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です