ブクマとかバズとか言ってるからブログが伸びないんじゃないの?




先日、人生ではじめて記事がバズりました。

バズッたことは「ラッキー」程度にしか捉えないようにしよう。と平静を装っていたつもりですが、なにぶん初めてのバズなので、正直少し動揺していました。

それでも心の平静を保っていたのですが、昨日、私のバズった記事に対して他のブロガーから言及をいただきまして、その記事がバズってしまい、ついに動揺が隠しきれなくなってしまいました。

心に悪いので、思っていることを書き殴ります。




経緯

私のバズった記事は下です(300でバズったといっていいのか?)

【2017年版】おすすめの邦楽ロックバンドなどベスト100を紹介します!

この記事を投稿した日、「ゆるくいきていく」のネックさんが、たまたま似たような記事を投稿しました(※私としては、そもそもロックバンドの記事とアニソンの記事を比べること自体がおかしいと思っていますが)。

ブクマの数をご覧いただければ分かるように、私の記事はバズり、ネックさんの記事はバズっていません。私は20ブクマつけば十分すぎるほど嬉しいですけどね。

そのことについて、ネックさんが以下の記事を投稿しました。

はじめは「言及してくれてありがとう!」くらいの気持ちで見ていたのですが、この記事がバズるにつれて、動揺を隠しきれなくなってしまいました。

この記事の内容は、概ね以下の通りです(私の主観が入っているかもしれませんが)。

①同じ日に同じような内容の記事を投稿し、記事の質も同じなのに、私(ネックさん)の記事はバズらなかった。

②原因は、記事の質にあるのではなく、コミュニケーション能力不足によるものだ。

③結局、伸びる記事をつくるためには互助会する必要があるのだ。

④古参ブロガーたちは、「良い記事を書けばバズる」なんて嘘はつかないでほしい。

一応説明しておくと、この記事は私個人を中傷するためにつくられた記事ではありません。ちょっとしか絡んだことはありませんが、別に仲が悪いわけではないからです。おそらく、ネックさんは記事がこんなにバズるとは思っておらず、気軽な気持ちで記事を投稿してしまったのだと思います。

でも、私個人に対して「やすぴろは互助会をつくってるからバズっただけだ!」と攻撃されているように感じられてしまい、少々戸惑ってしまったことも事実です。

また、ネックさんのこの記事がバズった結果、私のブログに様々な人が訪れることになってしまい、そのせいで色々と嫌な思いをしました。

余談~叫びたいこと~

本題とは少しずれるのですが、まずは1番叫びたいことを叫ばせてください。

僕だってブログ友達いないから

(´;ω;`)!!!!

あのね。まるで僕がコミュニケーション能力高いからバズったみたいな書かれ方していますが、僕ブログ友達いないから!!!!!

これは断言しておきますが、互助会はしていません。「この人が記事を書いたら必ずブコメする」って人は1人しかいません。それも互助会目的ではなく、同じ「ロック好き」で馬が合うからしているだけです。

だって、僕から定期的にブコメもらってる人いますか?Twitterで絡まれた人いますか?ほぼいないでしょ。だって、してないもん。

コミュニケーション能力低いもん!!!

第一、コミュニケーション能力高いやつが25歳にもなってロックにハマってるわけないだろ!いい加減にしろ!(偏見の塊)

ほんとはコミュニケーション能力低いのに、「コミュニケーション高いからバズった」みたいな書かれ方すると、さすがにちょっとイラっとしますよ。ええ。

あのね!僕は!友達なんて!いないんです!

だから!あのね!あの。その。ええと。。。。

みなさん僕と友達になってください(小声)

叫びたいこと!以上!

互助会と決めつけるから成長しないのでは?

まじめな口調に戻ります。

もちろん、互助会に一定の効果はあるのかもしれません。

でも、「バズった記事=互助会」と決めつけてしまうと、そこで成長が止まってしまうと思います。

バズってる記事から学ぶことだっていっぱいありますよね。私は自分のブログと人のブログを比べては「あぁ、ここをこうしないと!」「なるほど。この記事は~だからバズったのかな?」って感じでいつも悩んでますけどね。

そもそもブクマなんている?

そもそもブクマなんているのでしょうか?

私が他の人のブログにブコメしないのは、コミュ障がすべての原因ではありません。「お互いにブコメをつけあうこと」にメリットをさほど感じないからです。そういうやり取りが嫌で、はてなスターをはずしているくらいです。本当に面白いと思った記事や、仲良くしたい人の記事にしかブコメはしません。

私がブログを書くときに意識しているのは「検索流入」です。ブクマなんて、ついたら「ラッキー」程度にしか思いません。

バズった例の記事だって、バズらせるつもりなんて全くありませんでした。

記事を書いた理由は、「こういう記事があったら、自分だったら嬉しいな」って思ったからに過ぎません。

「100まとめに意味なんてない」という批判の趣旨は分かりますが、私は「とにかくたくさんのバンドと音源が網羅されているサイト」にお世話になっているんですよ。タワーレコードに行くまえに参考にしたりね。だから、自分でも作ってみたいな。と思って作ってみたところ、運良く共感してくれる人が多かったという話に過ぎないんです。

いずれにせよ、バズったことを嫉妬されていますが、こっちとしてはバズなんて狙っていないし、バズの旨みを全く感じていないということです。

だって、今回ネックさんは「互助会つくろう!」って内容の記事で無事(?)バズりましたが、こんな記事1週間後には誰も見ないですよね。検索されるはずがないし。

一方、バズらなかった「アニソンまとめ」の記事は検索でずっと読まれ続けますよね。確かにバズりませんでしたが、十分価値のある記事じゃないですか。検索経由で、知らない人が記事を読んでくれるんですよ?それって素敵なことですよね。

それに、時間をかけてつくった記事は「アニソン」の方だと思いますが、実際にバズったのは「互助会」の方でしたよね?つまり、バズなんてそんなものなんですよ。ブクマの数は記事の質を計る尺度にはなり得ない。バズったって、せいぜいネガコメがたくさんもらえるだけの話です。

ブクマってそんなに大事ですか?バズってそんなにいいことですか?

「バズが起きたらラッキー!」程度でいいじゃないですか。バズを狙って炎上記事を書くなんて、自分のコンテンツを腐らすだけだと思います。

最後にもうひとつだけ。

「良い記事を書いたらバズる」なんて教えている古参ブロガー、ほとんどいないと思いますが。むしろ、「バズなんて狙うな!」って説いてる人の方が多くありませんか?

まとめ

ということで、まとめとして私の言いたいことは以下の3つです!

①ネックさん!文句を言うような記事になってしまってごめんなさい。でも!色々と被害を被って、ちょっとイラっとしてしまったよ。でもでも!これからも仲良くしてくださいね。これでおあいこということで、なしにしよう!

②ブコメの数やバズに惑わされてブログのモチベーションが落ちている人は、本当にそんなものが必要なのか考えてみてね!

誰か僕とお友達になってよ(´;ω;`)!!!

たいしたブロガーでもないのに、偉そうなことを色々言ってすいませんでした。でも、動揺を鎮めるためには書き殴るしかなかったのです。

ふぅ。。。。すっきりした。

ということでみなさん

ブクマしてください

おわり。

【スポンサーリンク】