読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【試験勉強】誰でもできる!効率よく暗記する方法を紹介します

f:id:yasupiro0721:20170129094349j:plain

「もっと効率よく暗記できたらな」と思ったことはありませんか?

僕は公務員試験の勉強をしてるとき、とある暗記法を実践していました。そして、これが大きな効果を発揮し、「国家総合職試験」をはじめとする6つの試験に合格しています(※現在公務員ではありません)。

今回はその暗記方法を紹介したいと思います。当然合う合わないがあると思いますが、少しでもみなさんの暗記の手助けになれば幸いです。

もちろん、公務員試験以外の勉強にも効果を発揮しますよ。

「丸暗記ノート」!

口で語るより画像を見せた方が早いと思うので、画像を載せます。

その勉強法とは、これです!

f:id:yasupiro0721:20170129092529j:plain

簡単に言うと、自分で「1問1答集」をつくるような勉強法です。僕はこれを「丸暗記ノート」と呼んでいました。

具体的に言うと、「丸暗記してしまいたいこと」「模試などで間違った知識」を赤ペンで書き込んでいって、赤シートを使って暗記する方法です。

こんな風に赤シートを使って勉強します。

f:id:yasupiro0721:20170129092627j:plain

 全体像はこんな感じです(画質悪くてすいません)。

f:id:yasupiro0721:20170129092647j:plain

「たいした話じゃないなぁ」と拍子抜けした人が多いと思います。「こんなもん高校生のときに似たことやってたけど、全然効果なかったよ!」、と。

でも、効果は絶対にあります。おそらく、効果がなかった人はこの暗記法が合っていないというより、間違った運用をしていたことに原因があると思います。

この暗記法のメリットを書いたあと、運用するうえでの注意点を書いていきます。注意点さえ守れば、絶対に効果がありますよ。

 

 

メリット!

①必要な知識しか載っていない!

「1問1答集」ならいくらだって参考書がありますよね。だから、わざわざこんなノートをつくるのは効率が悪く感じられるかもしれません。

しかし、市販の「1問1答集」は網羅性を重視していることが多いですから、「本当にここまで覚える必要があるのか?」という知識まで収録されていることが多いです。もちろん、自分で暗記の順位付けができる人ならいいのですが、勉強が苦手な人はとりあえず全部覚えようとしがちで、効率悪いんですよね。そして、頭がパンクしてやる気がなくなってしまう。

でも、このノートなら「本当に暗記してしまいたいこと」「実際に間違えた知識」だけが書いてありますから、効率よく必要な知識だけを暗記できるのです。

 

②空き時間を有効活用できる!

このノートは「隙間勉強」で高い効果を発揮します。逆に言うと、この暗記を勉強のメインに据えることはしないでくださいね。あくまで「暗記」の手段ですので。

ちょっとした空き時間にこのノートを見れば、効率よく暗記することができます。だって、「本当に暗記したいもの」だけが書かれたノートなのですから。

通学時間などが長い人に対しては、特に高い効果を発揮すると思います。1日の移動時間が1時間だとすると、1カ月で30時間ですからね。その時間にスマホをいじっている人とこのノートを眺めている人とでは、大きな差がつきます。

 

③長期の記憶に変わる!

ノートをつくる作業は一見無駄に思えるかもしれませんが、長い目で見ると効率が良いです。

なぜなら、実際に自分の手を動かしてノートを作成しているので、短期的な記憶ではなく長期的な記憶になりやすいからです。

テストで問題を解いてるとき、「この問題、ノートのあそこら辺に書いた記憶あるわ」ってなったら勝ちです。「自分でつくった」という思い出と知識が結びついてるので、ただ参考書を眺めているより忘れにくいんですよ。

 

④テスト前はこれだけ持ってけばOK!

テスト当日、あなたは何を持っていきますか?

僕はこのノート1冊しか持っていきませんでした。だって、ここに「直前に見直したい暗記事項」がすべて詰まってるからです。

また、自分で手を動かした実績がある分、ある意味精神安定剤になるんですよね。「こんなに頑張ったんだから、大丈夫だ」って。

 

 

注意点!

一見単純に見えるこの勉強法ですが、注意点がいくつかあります。間違った運用をするとむしろ効率が悪い勉強になりがちですので、注意してください。

 

①ノートは綺麗につくらない!

このノートをつくる目的はあくまで「暗記の手助けをするため」です。つまり、暗記するための手段にすぎないわけです。

勉強が苦手な人はノートを綺麗にとりがちです。ノートは勉強の手段でしかないので、「綺麗なノートをつくること」を目的にしないでくださいね。ノートなんて、世界で自分1人が読めればいいんです。

 

②1つのノートに全科目をつめこむべし!

下の画像を見ると分かるように、経済系の科目と法律系の知識が1ページに載っていますね。これがとても重要です。

f:id:yasupiro0721:20170129093421j:plain

ノートは科目別につくらないでください。1つのノートに「社会」も「理科」もすべて詰め込みましょう。これはとても重要です。

理由の1つ目は、空き時間に勉強しやすいからです。毎日数冊のノートを持ち運ぶのは不便ですよね。

2つ目は、ノートをつくる手間が少なくなるからです。このノートは「どうしても暗記してしまいたい」知識に出会ったときに書くものですが、科目別に分けて作成していると、とっさに書き込むことができないですよね。メモ帳のように、とっさに書けることが重要なのです。

3つ目は、「本当に暗記したい知識」だけを詰め込みやすいからです。科目別や単元別にノートをつくると、どうしても知識を整頓して綺麗にノートをつくってしまいがちなんですよね。「暗記する」という目的を考えると、とにかく暗記したいことを「すべて詰め込んだノート」を1冊だけ作る方が効率が良いのです。

  

③本当に暗記したいことしか書かない!

公務員試験のような「広く浅い知識」が求められる試験ならいいのですが、大学入試などの場合、ただの丸暗記が通じないことがたくさんあります。

だから、このノートになんでもかんでも書き込まないでください。

僕が意識的にこのノートに書き込んでいたのは、「①丸暗記で点数が稼げてしまう知識」「②苦手な単元でどうしても理解が追いつかず、丸暗記した方が楽な知識」「③模試などで実際に間違えた知識」の3つでした。要するに、「丸暗記した方が効率がいい知識」ですね。

なんでかんでも書き込んでしまうと、「必要な知識しか載っていない」というメリットを潰してしまいます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

勉強方法なんて千差万別ですから、合う合わない、好き嫌いは当然あります。だから、「は?こんな暗記方法、効率悪すぎるわ」って思った人もいるでしょう。

しかし、少なくとも僕はこの方法で結果を出しています。つまり、同じように結果が出る人がいるかもしれないということです。

勉強方法が確立している人はいいですが、悩んでいる人は1度真似してみてはいかがでしょうか?

 

おわり。

 

Pick Up !!

1.Amazonプライム会員がお得すぎてやばい!全メリットを詳しく紹介します!

2.Amazonで買った本当におすすめの商品15コ紹介します【2016】

3.誰でもおいしい料理がつくれる!?未来の調理器具Cook4me(クックフォーミー)の感想!